夫婦生活のヒ★ミ★ツ

ミャンマー人夫ゾゾと 幼なじみの東京暮らし

投稿日:2015年8月3日 更新日:


ゾゾは、出会った当時、ミャンマーから来ていた幼なじみの2人と一緒に、6畳の1Kのアパートに住んでいました。

昼間はみんな働いていて、深夜になると顔を合わせる生活。
何度か、週末に遊びに行かせてもらうと、一緒に暮らしていたハシモト君(通称です。ミャンマーの言葉を覚えにくい人が、わかりやすいようにニックネームとしてつけた名前)やタナカ君(通称)がミャンマー料理を作ってもてなしてくれました。

この、“男のミャンマー料理”のおいしいこと。
鯛のお腹を切り開いてシャンサイ(香菜)やしょうが、ニンニクを詰めこんで焼いたものや、豚や牛のカレー、魚のスープなどさまざま。
しかも、ご飯の量がハンパではないことにびっくりしました。
ミャンマーの人たちは、日本人以上に米が主食なので、カレー皿に、本当に山盛りによそります。
普段日本人の女性が茶碗で食べている5~6倍に相当する量です。が、おかずがおいしいので、食べきってしまうんですね…。

イメージ写真です。東京のミャンマー僧院での振る舞われたお料理

イメージ写真です。東京のミャンマー僧院での振る舞われたお料理

 

こんなふうに食べるんだよ、と教えてくれる食べ方は、「混ぜる」「こねる」。
大皿から一口、二口分を自分のお皿にとって、それをスプーンの背でざっくざく混ぜるんです。

日本では、混ぜないでキレイに食べるのがいい、というふうなイメージがありませんか?
カレーとかも、カレーとご飯が接触している部分から、白いご飯と、黄色いカレーが全面に混じらないように食べる。
私はその食べ方が好きなんです、が、ミャンマー料理では混ぜます。
本当においしいです。

ともあれ、ハシモト君もタナカ君も優しくて働き者で、面白くて、明るくて「やっぱりミャンマー人ってみんなステキな人だ」と再認識しました。
しかもハシモト君もゾゾに負けず劣らず声が大きい(笑)
声が大きい人は正直者って言いますよね、それです。

めずらしくタナカ君は、普通のトーンで話すこともありました。
彼は学者肌でよく本を読み、毎週末ミャンマーに残してきた奥さんと子ども達に電話をしていました。一週間の出来事を話したり、聞いたりして絆を深めていました。
ミャンマーの人たち(私が知る限り)は働いたお金の大半を国に送って、生活の足しにしたり、国で仕事を始めるための資金などにするためきちんと節約して暮らしていました。
そういう真面目な姿も、またミャンマーってやっぱりいいなあ、と思わされた次第です。

初めてお邪魔したときは衝撃的でしたよ。

3人のアパートに行くと、そこはミャンマーなんです。
さっき駅まで迎えに来てくれたときは、ジーパンをはいていたのに、家に入るとロンジーという腰巻に履き替える。3人ともロンジー。

1枚布の端を縫いあわせて筒状にしたものを、自分のカラダに合わせて巻いて履くので、お腹が楽だし、夏は涼しい。ズボンのひざがでてしまう心配もないし、ということなんですね。

カラダにピッタリするので、腰や太ももの形がハッキリして男の人が履いても案外セクシーだったりします。
もちろん、女性が履くと(女性の腰巻はタメイン、と呼びます)めちゃめちゃセクシー。

しかも、ミャンマーの女性はウエストがキュッと締まっててお尻が立派。
しかもキュッと上がってる(もちろん人にもよります(^^;)

ロンジー姿のおじさんとおばさんの後ろ姿

ロンジー姿のおじさんとおばさんの後ろ姿

 

私もミャンマーに行った当時は、マネをしたくて、ウエストでキューッと履いてみたりしましたが、まあ、苦しくていたたまれません。もともとがズンドーなのでキュッボンになるわけありません。まったく完敗です。勝てるわけありません。
なので憧れもあって、ロンジーやタメインを着こなす人が大好き。

最近は、ジーパンやミニスカートを履く若者が、ミャンマーでも増えてきましたが、私はタメインを履きたいですね。
また、大学などでは、文化継承という意味で、タメインやロンジーを奨励していたりもします。

まあそんなこんなで、東京のミャンマーの暮らしをときどき楽しみ、心はもうミャンマーという日々を過ごしてました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ミャンマー夫 ゾゾ、沖に流されても「ダイジョウブ」?

最初にゾゾと海に行ったのは、私の母が、ゾゾに言い寄ったあのとき、まさにその日でした。 キャンプに行ったことがない、というので、アウトドアに少し慣れていた両親に連れて行ってもらったのです。館山だったと思 …

お坊さんのお話と精進料理で癒やされる 寺カフェ代官山

代官山の魔女(マニョ)と呼ばれる心理カウンセラーで、僧侶の山口依乗(えじょう)さんのお話を聞いてきました。会場は、大使館や高級住宅があって超オシャレな街、代官山にある寺カフェ代官山。依乗さん手作りの精 …

車の運転は運転免許試験場で習え?

ミャンマー出身のゾゾと出会って、結婚式のためにミャンマーに行くまでに、運転免許を取っておこうということになりました。仕事を探すのにも免許があると有利ですし、買い物などに行くときにも、運転してもらえると …

どうなっていくのかな。ニュースに釘付け

新聞もテレビもミャンマーの選挙の話題を大きく取り上げています。 アイキャッチの写真は、NHKニュースの映像をパシャリと撮らせていただいたものです。 アウン・サン・スー・チーさんが率いる野党NLD(国民 …

スーパーの買い出しは5%引きの日に限る、の巻き

ミャンマー出身の夫は、1円レベルのムダも嫌います。1円、2円、安いものを買えるなら、自転車で10分先のドラッグストアに買いに行きます。 「1円安いものを買いに行く時間、もったいないじゃん?」みたいな考 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事