みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

チケット・格安航空券 夫婦生活のヒ★ミ★ツ

ミャンマー行き、LCC エアアジアで 格安航空券を購入

投稿日:2017年5月2日 更新日:


20歳になる大学2年の娘が交換留学生としてミャンマーの大学で学ぶことになり、着々と準備を進めています。父親の国で勉強してみようという心意気が誇らしく、嬉しくもあり、10か月家を離れて寮生活をする娘が心配でもあり、寮の生活が落ち着くまでヤンゴンに着いていく気満々の母でした。が、もちろんやめました。娘を信じて、大学のミャンマー人の友だちの輪に溶け込んでもらいたいと願っています。

というわけで、間もなくミャンマーに行くため、チケットを探しました。必要なのは10か月往復で、オープンのチケットです。

オープンのチケットは、ゾゾと結婚してミャンマーに行った時に購入したのが最後。どうだったかすっかり忘れ、検索してみました。いやいや、直行便のANAでは52万円! タイ航空でも19万円。高いですね。ANAどうしようと考えていたところ、娘が探してきたのがエアアジア。人気のLCC。片道での購入となりました。

エアアジア、かなり安いので「うそでしょ?」と何度もサイトを見直しました。成田からバンコク経由でヤンゴンが、28,500円となりました。この写真は別の日の検索なので、娘が買ったチケットとは価格が異なってしまっています↓ お許しを。

airasia myanmarエアアジアのチケットを見つけたのはイーツアー。ここを見る限りかなりお安い。でも片道なので、単純に2倍して、往復買えば57000円。前回家族でミャンマーに帰ったときの大韓航空よりちょっと高めです(ということは前回もかなり格安(笑))。
→前回の記事ミャンマー、行くと決めたら 航空券は早く予約した者勝ち

上の購入画面を見ると分かるかと思いますが、エアアジアの場合、まずは割引き料金が提示されます。そのまま購入すれば、ボトムラインで購入できます。上の場合は30630円。でも、機内食を頼んだり、20キロまでの手荷物、スタンダードシートの座席指定をお願いすると、通常価格 8,430 JPYとなります。娘はこれをプラスして28,500円。

この料金の中には、すでに空港税も含まれていますので、これですべて。料金体系もすっきりしていて、安心して購入できますね。

ちなみに、今回5月30日発、6月10日戻りで往復を検索してみたら、往路、復路で機内食をプラスして、20キロ荷物もお願いして、65,490円となりました。もっと早く買っていればもっと安いはず。

LCCの利用は初めてなので、旅慣れた友人に感想を聞きましたが、エアアジアの乗り心地に関しては他のエアと遜色はなかったとのこと。友人いわく、ポイントは、「ちゃんと時間内にブッキング&搭乗すること」と教えてくれました。「離陸の1時間前に空港に着いたら窓口がもう無くて乗れなかったことがあります」なんですって。なので、時間厳守ということですね。当然のことなので、娘ならできるでしょう!

今回の渡航チケットは娘のバイト代から捻出。がんばっていて、なんだか頼もしく感じる父母です。

ミャンマー格安チケット検索はこちら→海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー

-チケット・格安航空券, 夫婦生活のヒ★ミ★ツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダディンジュの祭り(火祭り)を祝うイベント

ミャンマーでは、10月の満月の日に行われる火祭り、ことダディンジュのお祭りが行われます。 天から仏陀を迎えるために、その足もとを照らすという意味で、寺院やパゴダにろうそくなどを灯して祝います。 私がミ …

ビルマ語講座でミャンマー語を勉強中!

夫がミャンマー人なのに、ビルマ語の講座行くの?とよく言われます。 「ご主人に教えてもらえばいいじゃ~ん」って。 ところがなかなかそうもいかない。夫は日本語がうまい。うまくなってしまったのです。 しゃべ …

プチ断捨離 手放すものと大切にしたいもの

子どもが小さい頃は、連休には公園や遊園地に出かけたり、長い休みには近場に旅行に行ったりしたものです。でも娘も大学生、息子も高校生にもなると、バイトや部活で休み中も、親と休みが合うことは稀で、たまに合う …

どうなっていくのかな。ニュースに釘付け

新聞もテレビもミャンマーの選挙の話題を大きく取り上げています。 アイキャッチの写真は、NHKニュースの映像をパシャリと撮らせていただいたものです。 アウン・サン・スー・チーさんが率いる野党NLD(国民 …

ミャンマー人夫ゾゾと 幼なじみの東京暮らし

ゾゾは、出会った当時、ミャンマーから来ていた幼なじみの2人と一緒に、6畳の1Kのアパートに住んでいました。 昼間はみんな働いていて、深夜になると顔を合わせる生活。 何度か、週末に遊びに行かせてもらうと …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事