みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

ヤンゴン 家族ルポ 2016年3月 暮らし・文化

花香るミャンマーのドライブ

投稿日:2017年1月22日 更新日:


ヤンゴンの家を出て、バガンに向かいます。運転してくれるのは義妹のご主人、ウーティントン。商売も忙しいのに、せっかく家族で遊びに来たのだから、と車を用意してくれて、運転も買って出てくれて、頭が下がります。
私たちはヤンゴンーバガンーヤンゴンの旅のつもりで2、3日分の衣類や日用品を持って車に乗り込みました。(ひとつ前の話はこちら→お義母さんの三回忌 ミャンマーの仏教のしきたりは)
ミャンマーでの車の旅は、覚悟が要ります。運転手さんも大変ですが、乗ってる方も8時間、10時間の旅。義兄の車はホンダのハイブリッドで、乗り心地がよく、大名旅行といってよいレベル。昔は中古も中古のボロボロの車に、助手席に2人、後部座席に5,6人が重なり合って乗って遠くまで行った記憶があります。あの時は死ぬかと思いました。でも一緒に乗ってる姉妹や友人はへっちゃら。ミャンマー人の心身の強さを知りました。

昔はボロボロの車が多かったが、今はいい車も多い

昔はボロボロの車が多かったが、今はいい車も多い

近年の問題は、車内の窮屈さではなく、渋滞。ここ10年の間に徐々に渋滞が目立ち始め、いまや至ることころで大渋滞。2016年時には、道路立体交差の工事が進み、タウンタウン一円には歩道橋も増えていました。訪ねるたびにどんどん変わってびっくりです。

P1380099#2

それでも変わらないのが路上や駐車場での物売りの人たち。渋滞するのをいいことに、連なる車の窓から覗き込み、スナックや花、タバコなどを見せていきます。

路上で花を売っていた少年

路上で花を売っていた少年

こうして物を売る子たちには、あどけなさが残る子ども達も多く、胸が痛みます。ミャンマーも貧富の差が激しく、貧しい層は、いろんなものが並べらぶスーパーでも物価高のために手が出ないのが実状です。

旅の始めに、こうした花を買う人は少なくありません。車のフロントガラスに、徳の高いお坊さんのブロマイドなどを飾るドライバーが多いので、供物の一種かと思っていました(そういう意味で花を捧げる人もいるかもしれません)が、義兄は匂いがいいからだと言って、糸でつなげれた花と椿を合わせて500チャット(だいたい50円)分購入。彼の大学生の娘が飾ったピカチューのマスコットにかけていました。甘いさわやかな香りがふわっと車内に広がります。

ピカチューの人気根強し

ピカチューの人気根強し

昼にはつぼみが開くと言われたのにそのまま枯れた椿(かな)

昼にはつぼみが開くと言われたのに、その後咲かずに枯れた椿(かな?)

ミャンマー人では花はとても身近。もちろん日本でも花は日常を飾りますが、ミャンマーは街のいたる所に花屋があります。菊やバラが多く、ゾゾのお母さんはいつも市場で買って仏壇に供えていました。ときどきジャスミンやバラを髪につけて。最近よくTVでも見かけるスーチーさんもいつも髪を花で飾っていますね。今はヘアクリップが普及して、花を飾る人が少なくなりましたが、20年前は多くの女性がつけていて、なんてすてきなんだろうと思ったものでした。

ミャンマーのガソリンスタンドに電光掲示板。ウソみたい。

ミャンマーのガソリンスタンドに電光掲示板。ウソみたい。

なんていうことを考えながら、ジャスミンが香る車で、旅を続けま~す。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ヤンゴン, 家族ルポ 2016年3月, 暮らし・文化
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

P1410275#2

ヤンゴン到着初日、まさかの南京虫 かゆみ止めにはコレ

今回の旅は、お義母さんの3回忌のお参りが大きな目的のひとつでした。 しかもタイミングよく、娘は高校を、息子は中学を卒業し、普通の春休みよりちょっと長い休みが取れると思っていました、が、フタを開けてみる …

P1380190#2

ヤンゴンから バガンに到着 口コミで快適格安ホテルを探す

ヤンゴン~バガンの旅、自家用車で、パーキングで休憩したり、高速をはずれて高架の下の陰で休みながら、10時間ほどでバガンに到着(これまでの記事は→こちら)。ミャンマーの人は、地図を読まないので、勘であち …

P1020663

ミャンマーの家の客間には椅子がいっぱい

ミャンマー人のお宅にうかがうと、鉄の扉のカギをガチャガチャ開けて、「ラー(入って)」と手招きされ、家の中に入るよう促されます。 そんなときは、いえいえ、とか遠慮せずに、入って椅子に座って、少し話をしま …

IMG_3747

停電の日は七輪とろうそくとフォークソングと

*ミャンマー人の夫との出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返ります* 1995年のころ、ミャンマーは、首都のヤンゴンでも電気が1日3時間くらいくればいいほうで、それが料理を作る時間だと超ラッ …

P1380241

バガン ニャウンウーでタイ料理っぽい夕食

バガンに到着し、ニャウンウーのゲストハウスに荷物を置いて、夕食を食べに外に出ました。(前回の記事→ヤンゴンからバガンに到着 口コミで快適格安ホテルを探す) バガンの歩道は舗装されていなくて、砕けたコン …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事