夫婦生活のヒ★ミ★ツ

中古時計を生き返らせるゾゾ時計修理店 開店

投稿日:2016年2月1日 更新日:


鼻歌も、演歌も歌わず、おとなしく部屋にこもっているゾゾでした。

なんだか怪しくて、部屋でコソコソ焼酎でも飲んで倒れているのか、あるいは外から何か拾ってきた物をいじっているのか、部屋をのぞいてみました。

すると、時計店が開店していました。

ミャンマーでは、時計はもとより、電化製品などが壊れると、当然修理に出します。
ゾゾが言うには、日本の言う“修理”は、部品の交換。基盤のようなものを交換するだけだ、と言い、ミャンマーは壊れた部分を探して、直すのだ、と胸を張ります。

P1350419#2

いまだに、よく状況を理解できていないのですが、学生時代、ヤンゴン大学が一時閉鎖されてしまったころ、ゾゾは近所の電気屋さんの学校(よく聞くと近所の電気屋さんのおじさん=師匠)のもとに通って、電気修理の腕を磨いたのだそう。
そして、ご近所の電化製品を直して、稼いでいたこともあると言うのです。

とはいえ、ゾゾの修理の様子を見ていると、ドライヤーを使ったりして、ホントに直しているのかよくわからないのですが、今回は知り合いから中古の時計が30個以上が宅急便で届き、それを修理していたのだそう。
知り合いは、中古の時計を直して、リサイクル品として売ってみたいというのでお手伝いしたというわけだそう。

ミャンマーでも、都心部ではお金のある人が増えているので、「中古の時計を買うのかね?」と言うのですが…
ゾゾ「日本製だったら欲しがる人はたくさんいるよ。お金がある人はほんの一部だよ」。

時計を直すゾゾはイキイキしております。イキイキしていますが、しゃべっていないので静かなので、テレビの音がよく聞こえます(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お坊さんのお話と精進料理で癒やされる 寺カフェ代官山

代官山の魔女(マニョ)と呼ばれる心理カウンセラーで、僧侶の山口依乗(えじょう)さんのお話を聞いてきました。会場は、大使館や高級住宅があって超オシャレな街、代官山にある寺カフェ代官山。依乗さん手作りの精 …

演歌 懐メロ 口ずさむ至福のひととき

近頃は、高3の娘はミャンマー語教室のお手伝いに行ったり、息子は受験勉強で10時すぎまで塾に行ってしまい、夜はゾゾと2人の時間が多く、なんだか老夫婦のように過ごしています。 子どもが遅くまで帰ってこない …

どうなっていくのかな。ニュースに釘付け

新聞もテレビもミャンマーの選挙の話題を大きく取り上げています。 アイキャッチの写真は、NHKニュースの映像をパシャリと撮らせていただいたものです。 アウン・サン・スー・チーさんが率いる野党NLD(国民 …

結婚生活を救うのは 青春時代に聞いた懐かしい音楽

高校で軽音部に入っている息子は、音楽の幅を広げようと、いろんな年代の洋楽邦楽を借りてきて聞いています。この日は、1982年~1984年の洋楽ヒットを聞いていて、夫ゾゾにも私にも、懐かしくて懐かしくて。 …

ミャンマー夫ゾゾ ドライヤーを駆使して電化製品を直す

先日、ゾゾはうす暗い部屋で、テーブルに新聞を広げてなにか修理をしていました。 暑いときは、蛍光灯の熱すら耐えられないということで、手もとの小さなライトで作業をしていました。 息子が使っているタブレット …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事