みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

暮らし・文化 虫・病気対策と薬

ミャンマーの暑さをしのぎ、蚊を退治するウチワ

投稿日:2015年7月29日 更新日:


暑いです。このところ35度を超える猛暑日が多発する東京。
耐えきれずエアコンをつけて1日1日をしのいでいますが、ここままで暑いと、熱帯地方に属するミャンマーにいる気分がしてきます。

ミャンマーが最も暑いのは、雨季が始まる4月頃で、3~4月は40℃前後の日が続きます。

いまでこそ電気が定期的に来るようになっている旧首都ヤンゴンでも、私が住んでいた20年くらい前には、電気がくる方がめずらしいという環境だったので、暑さをしのぐのはウチワでした。扇風機があっても、電気がないので、ウチワです。

P1290210

シュロの葉であんであるウチワです。
これが案外いい仕事をしてくれます。
大きいので風力もあります。

P1290213

取っ手がビニールひものようなチープなところも、ミャンマーらしくて好き。
ミャンマーに帰って、日本にまた帰ってくるときはいつもお土産で買ってきていました。

うちはは、暑さをしのぐものだけではなくて、もう1つ大きな役割があります。
蚊です。モスキートー。ミャンマー語でチン。

いまはだいぶ少なくなりましたが、当時はまだ蚊がすっごく多くて、寝ても覚めても、どうやって蚊を追いやるかばかり考えていました。

部屋で椅子に座っていても、足の周りには平均10匹、夕方になると20,30匹はいたかもしれません。
押し寄せる蚊の大軍を、このウチワで、あおぎ散らすのです。

夜は、蚊帳の中で寝ますが、蚊帳にもぐりこむときや、小さな穴から入ってくるんですよ、蚊が。そうすると大変です。たいてい夜も停電しているので、懐中電灯で照らして蚊を探し、やっつけるまで眠れません。

ミャンマーの人たちは、そんな私を「たかが蚊ぐらいで」と見ていました。
夫ももちろん、その仲間です。
というのも、ミャンマーの人たちは免疫がある(と思う)ので、蚊に刺されてもかゆがらないし、赤くぷっくりふくれたりしません。
ぽつっと小さく赤い点がつくだけ。
ミャンマー滞在中、つらかったこと、と言ったら、蚊、かもしれません(^_^;

その点、日本は蚊が少ないのでいいですね。

日本では、みんな「きゃ~、蚊が入ってきた~」とか怖がっていますが、私は、蚊が1、2匹いてもあまり気になりません。耐久性がついたのかも。
野山や公園、緑地にはいますが、ミャンマーの比ではありません。
私たちがいま住んでいる部屋も、集合住宅の10階なので、ほぼ蚊はいません。
うちはの出番は、ほとんどありません。

なので、網戸もありません。そう、網戸はつけていないんです。
「そんなものはいらない」と夫。「網戸があったら、風が入ってこない」って。

というわけで、網戸のお話しはまた今度(*^^)v

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-暮らし・文化, 虫・病気対策と薬
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

a0002_011970

ミャンマーへの旅行に必要な蚊対策 虫よけスプレー

ミャンマー旅行の際の蚊対策で蚊取り線香をご紹介しましたが、直接肌につける虫よけも、私は必ず持って行きます。 去年は、東京でもデング熱が流行し、驚きましたが、ミャンマーでは、蚊が媒介する病気では、デング …

28182000233

お義母さんのマニキュア なぜ左手だけ?

*ミャンマー人の夫との出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返ります* ミャンマーの女性はとってもオシャレで、スタイルもとってもいいです。タメイン(腰巻)で腰をキュッと締めているからか、ウエス …

IMG_3747

停電の日は七輪とろうそくとフォークソングと

*ミャンマー人の夫との出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返ります* 1995年のころ、ミャンマーは、首都のヤンゴンでも電気が1日3時間くらいくればいいほうで、それが料理を作る時間だと超ラッ …

P1380115#2

ミャンマーのハイウェイ・パーキングとトイレの使い方

自家用車や長距離バスの場合、ヤンゴンからバガンまで高速道路で行きます。8時間から10時間かかるので、ときどきパーキングで休憩し、足を伸ばします。20年くらい前のハイウェイは、コンクリートで鋪裝された道 …

コップはおけに入った水で洗って使います

ミャンマーレストラン 水に浸かった湯のみの使い方

ミャンマーのレストランやカフェで、テーブルの上に置かれたおけに湯のみ茶碗が入っているのを見ることがあると思います。おけの中の水は、たいてい汲み直したきれいな水で(たまに烏龍茶とかで汚れているのでよく見 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事