みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

ミャンマー料理・食べ物 夫婦生活のヒ★ミ★ツ

ミャンマーの定番朝食麺モヒンガはインスタントでカンタン

投稿日:2017年2月21日 更新日:


夕食が変わりばえしなくて、なんだかなあ、と思う時は、ミャンマーの料理を作ることがあります。まあそれも豚カレーとか、卵カレーとか、定番ばかり。なかでも超カンタン、でもゾゾが喜ぶのが、モヒンガーです。というわけで本日はモヒンガーの夕食にしました。

yakusokuanIMG_20170221_191512ミャンマーの朝食は、外出して食べるパターンが多く、特にモヒンガは、朝食の定番中の定番です。
10年前くらいまでは屋台が多く、いくつかお気に入りの店を点々と食べ歩いたりしますが、混んでいる店も多く、席が開いていたら、即座って注文する、といった感じで勢いがありました(笑)(衛生状態などを考える間もありません。煮込んでいるから、ま、いっか、という感じ)。本物のモヒンガは、乾燥したナマズの身などをほぐして煮込み、玉ねぎや生姜などの薬味と煮込んで作る出汁に、玉ねぎ、バナナの茎、レモングラスなどを入れたスープ。
これをお米の麺にかけて食べます。

これはかなり本格的で大変ですし、材料も揃わないので、最近は超カンタンにできるインスタントが売られています。これがあれば10分くらいでミャンマーのお味が楽しめます☆

yakusokuanIMG_20170221_184022インスタントは、中には魚の身をほぐしたらしいパウダーとお米や豆の粉(白いパウダーのようなもの)、唐辛子とコショウがセットになっているのが一般的で、いろんなブランドがあります。

yakusokuanIMG_20170221_184520お米の麺は、日本ではそうめんなどでも代用できますが、ミャンマーにも乾麺が売っているので、3~4回分は買ってきて本格的な味わいを楽しんだりも。

yakusokuanIMG_20170221_185040ゆでると見た目はそうめんみたいですが、細くて切れやすく、弾力があるようでないような。生春巻きの皮を想像してもらえるといいかも。myanlog18321薬味は香菜のほか、レモン(今日は小さい柚子を使用)、揚げたニンニクと揚げた玉ねぎ。ホントはここにいんげんを小さく刻んだものや、天ぷらを入れるのもオイシいです。ここに唐辛子をババッとかけて食べます。こういう薬味はミャンマーの屋台や店でもテーブルに置いてあるので好きなだけ入れてもOKです。なくなっていたら、「くださ~い」というと香菜も、レモンも、いんげんも持ってきてくれます。

yakusokuanIMG_20170221_1907271杯が比較的少なめなので、大抵男の人はおかわりをします。仕上げには、「スープいれてください~!」とお願いして、そこに豆やウリの揚げものを入れて楽しみます。

本日はミャンマーの朝食風の夕食のご紹介でした(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ミャンマー料理・食べ物, 夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-, ,

執筆者:


  1. サンダー より:

    今日子さんこんばんは!
    モヒンガーの記事に思わず反応してしまいました 笑
    チャマーレー、モヒンガー、チャイテー!です。
    365日モヒンガーでも平気です(←大げさ!)

    ちなみに、あるビルマ人のシェフから、
    「僕が日本でモヒンガーを作るときは、サンマでだしをとるよ」
    と教わりました(まだやってみていませんが・・・)

    • 今日子 より:

      サンダーさん コメント、ありがとうございます!
      365日モヒンガーでいいとは!
      でもサンマでダシ取るんですね~。こんど丁寧につくってみます。素晴らしい情報をありがとうございます!
      ちなみに、私は365日なら、インド料理店で食べる、ヤギのスープ(セイスゥッピョウッ)と、チャパティがいいかなあ。仕上げに甘い紅茶を半分(笑)。
      サンチャウンというエリアに極上のお店があります(^^) サンダーさん行ったことありますか。夫が言うには、Shwe Myo Daw という店です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

とうがらし

とうがらしアディクションの夫と ミャンマーのおやつ

ミャンマー出身の夫ゾゾは、なんにでも赤とうがらしをかけます。 とうがらしの時期には、八百屋でとうがらしがいっぱいぶら下がった枝を買ってきて、食事のたびにプチプチもいで、うまいうまいと、食べています。 …

P1060925

お坊さんのお話と精進料理で癒やされる 寺カフェ代官山

代官山の魔女(マニョ)と呼ばれる心理カウンセラーで、僧侶の山口依乗(えじょう)さんのお話を聞いてきました。会場は、大使館や高級住宅があって超オシャレな街、代官山にある寺カフェ代官山。依乗さん手作りの精 …

img1444911557362パナッ

スリッパで自転車に乗ると止められる、の巻

夕食のギョーザを食べながら、娘がスマホの画面で、ある男の子が電車の中で歌って踊っている動画を出してきました。 その男のはうちの近くのロータリーでときどき歌いながら踊っている子だったので、びっくり。 娘 …

ダディンジュ祭り

ダディンジュの祭り(火祭り)を祝うイベント

ミャンマーでは、10月の満月の日に行われる火祭り、ことダディンジュのお祭りが行われます。 天から仏陀を迎えるために、その足もとを照らすという意味で、寺院やパゴダにろうそくなどを灯して祝います。 私がミ …

野菜炒め

ミャンマー レストランのお食事 おすすめメニュー

ヤンゴン~バガン(マンダレー)のハイウェイGolden Tiger Restaurantでランチ休憩を取りました。 →115マイルのパーキングエリアでランチ休憩 義弟の知り合いで、ごちそうになったとい …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事