みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

どたばた国際結婚 出会い編

ミャンマー人夫との出会い① 巣鴨 水かけ祭り編

投稿日:2015年7月30日 更新日:


もう20年くらい前のことなので、実ははっきりと覚えていないのですが、夫に出会ったころの私は、「舞い上がっていた」と妹に言われています。
「あんなカッコイイ人見たことない~!」「まるでジョン・ローンよ~」と、目をキラキラさせていたそうです。
当時のジョン・ローンといえば、「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」や「ラストエンペラー」出演のあとで、輝いていました。

夫と初めて出会ったのは、たぶん1994年の春、巣鴨の学校のグラウンドで開催されていたミャンマー人主催の水かけ祭り。当時はまだ小さな祭りでしたが、どんどん大きくなり、いまは毎年4月に飛鳥山などで行われています。

水かけ祭りは、ミャンマー最大のお祭りで、毎年4月に新年を迎えるために行われます。水をかけるのは、1年のけがれを流し、浄めるため。
その昔は小さな手桶のようなもので、好きな人に一番最初にかける、と恋が実るとか実らないとかといったロマンチックな話しもあったようです。その水も、背中にちょろっとかけてお浄めするといったような、上品なもの。ところがいまはスゴいです。水をかけるのに消防車用のホースなどで、ビィヤーッとやったりします。

2010年頃のヤンゴンの水かけ祭り

2010年頃のヤンゴンの水かけ祭り

細い通りでも、氷水を作って、歩いて来る人にひっかけます。この祭りの間は、国中が無礼講のノリで、いたずらっぽい笑いにあふれます。
また、大音量で音楽を流すのが常で、ある舞台では人気のある歌手が歌っていたり、ある舞台では踊り子さんが踊ったりします。ですが、当然、日本でそれをやってしまうと、住民の方から苦情が出るのも想像にかたくなく、案の定、ステージは中止されました。
そしてなんとなく淋しいムードの水掛祭りの会場に、私たちは到着。

私はとくに、ミャンマーに興味があったわけではなく、当時、テレビの番組制作をしていた友だちのYちゃんが、日本でのミャンマー人難民認定第一号だった方に会いに行くというので、ついていきました。会場にはフリマのスペースがあり、会場を囲むようにミャンマー料理の屋台や雑貨店が並んでいたように思います。

難民の認定を受けた方と会い、ひとしきり話をしたあと、私たちはせっかくなので、ミャンマーの食べ物を食べてみようということで、屋台のひとつに立ち寄りました。オススメされるままに、ミャンマーの国民食ともいえるモヒンガーを注文。

ときどき家で作るモヒンガー↑

ときどき家で作るモヒンガー↑

ところがもう売り切れ。で、どうしようかと戸惑っていると、その店の椅子に座っていた、たわしが伸びたようなボウボウ頭の男性が、「ソーリーソーリー」なんて調子よく、こちらに笑いかけてきました。なんだか明らかに酔っ払っている感じ。
そう、この酔っ払ったミャンマー人が、いまの夫なのですねえ。

そのまま笑って通りすぎればよかったのですが、そのお店の人が、
「モヒンガーをごちそうできなかったから、ミャンマー料理をごちそうしたい」と言って、祭りの後にミャンマー料理の店に誘ってくれました。ボウボウ頭の人も一緒です。

ミャンマーの人とテーブルを囲むのも、料理を食べることも初めて。

いま思うと、あの日、大きな転機だったのかもしれません。

お茶っ葉の入ったサラダや、豚肉を煮こんだおかずなど、おかずが出て来るたびに、ご飯の上にどんどん載せてくれる人たち。

クセのある日本語で大きな声で話して、よく笑う人たち。

しかも、このお食事、ごちそうになってしまったんです。
「ミャンマーには、ワリカンという習慣はない」って。
「ごちそうしたかったから連れてきた」って。

まあ太っ腹。もてなし上手な人たち。

さてこのとき、夫はかなり酔っていて、店のカウンターで、しなだれるように一人で飲んでいました。
6人がけのテーブルが、友だちのYちゃんと、屋台のスタッフさんたちでいっぱいだったからです。
気の毒なので「こちらで一緒に話をしましょう」と声をかけました。

そしたら、
「ミャンマーの人たちは、日本人と話をするのがうれしいです。
だから友だちと、話ししてください。ボクは1人で平気です」と夫。

ちょっと驚きました。

友だちが喜ぶのが、自分もうれしい、という気持ち。
ミャンマーの人って、すごいな。いいな、って感じたのです。

このときのことは、20年たってもよく覚えています。
そして夫の心の持ち方も、その時のままです。

と、思っているのですが、よくよく考えると、あの時はもうほとんど酔い潰れていたので、動けなかったから、カウンターでかたまっていたんじゃないか、と思うフシも。
あとになって、「そんなこと言ったこと、覚えてる?」と聞いたら、「なにそれ?」って。
やっぱり酔っていたのか、ジョン・ローン(^^;)

To Be Continued

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-どたばた国際結婚 出会い編
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

phone

ミャンマー人夫との出会い③ オンフック事件

巣鴨の水かけ祭りで髪の毛ボーボーのジョン・ローンばり(?)のゾゾに出会ったところに、少し戻ります。 ミャンマー料理店のカウンターにつぶれていたゾゾですが、一応別れ際に電話番号を交換しました。 そのとき …

beach

ミャンマー人夫との出会い② そして策略にハマって決まった結婚

水かけ祭りでゾゾと出会ってから、いろんなことが急に動いて、半年くらいで結婚することになりました。 ゾゾの日本語はたどたどしかったのですが、何語だろうと、とにかくしゃべっていたい人なので、どんどん上手に …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事