みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

ヤンゴン 今度行く時のための覚書

かわいいお土産が見つかりそうヤンゴンの雑貨店Hla Dayラーデー

投稿日:2017年4月9日 更新日:


日本の友だちへのお土産を選ぶのに立ち寄りたいお店の覚書きです。

ミャンマーへ行って、帰国するとき、スーパーのシティーマートや、ダウンタウンのボージョーアウンサン市場などで小物や食べ物を買うことが多いのですが、ミャンマーの小物って、かわいいのに、細かいところがちょこっと雑だったりして、諦めることがあるんです。
それで、今度ヤンゴンに行ったら寄ってみたいな、と思ったのが、ダウンタウンにオープンしたというHla Day「ラーデー」

ランドオペレーター 航空券の発券代理店APEXさんのアジアニュースで知ったお店。
APEXさんのサイトには写真も載っています→ヤンゴン/雑貨店「ラーデー」のご紹介
内容は:

少数民族の織物を使ったノートやカード、ワンピース、伝統紙工芸で作った動物のオブジェなどが並んでいます。外国人の嗜好に合うよう、欧米人デザイナーが地元の雑貨工房にデザインアドバイスをした商品が多く、どれもとってもハイセンスなものばかりです。お洒落なお土産を探しに、是非お立ち寄り下さい。
★Hla Day
住所:2F, 81 Pansodan Rd., Pansodan Tsp., Yangon
営業時間:10:00~20:00(無休)

電話は +95 9452 241 465 ラングーンティーハウスの横。ピザ屋Sharky’s の上にあります。

ピザ屋の名前はシーキーズです、シーキーズじゃないです笑

ちなみにこのSharky’sのバガン店が、2017年3月にバガンオープンしたというニュースも載っていました。
ヤンゴンの人気イタリアン「シャーキーズ」がバガンにオープンニャウンウーにあるシュエジーゴンパゴダの南門から、道路を渡ってすぐのところ。
広大なダイニングスペースの裏手は、オーガニック野菜を育てる畑になっており、摘みたての新鮮野菜を使ったサラダが絶品です。既に、欧米人を中心に人気を集めています。だそうです。バガンでピザが食べたいときは試してみては~♫

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ヤンゴン, 今度行く時のための覚書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

昔はボロボロの車が多かったが、今はいい車も多い

花香るミャンマーのドライブ

ヤンゴンの家を出て、バガンに向かいます。運転してくれるのは義妹のご主人、ウーティントン。商売も忙しいのに、せっかく家族で遊びに来たのだから、と車を用意してくれて、運転も買って出てくれて、頭が下がります …

P1360024#2

ミャンマーでもバレンタインデー? 最近のヤンゴンの様子

ミャンマーから昨日帰ってきた知り合いが家に遊びに来てくれました。 日本人と結婚して、長く住んでいる女性です。 2年ぶりに1か月ちょっとミャンマーに滞在。 「変わった?」と聞くと、相変わらずだったよ、と …

P1380029#2

ヤンゴン空港に到着 入国審査と荷物カートとポーターと

ソウルのインチョン空港から、およそ6時間で、ヤンゴンに到着します。 機内では食事を取りつつ、樹木希林さんの映画『あん』と、チリ鉱山落盤事故を映画化した『チリ33人 希望の軌跡』を見る。アントニオ・バン …

ジャンクションスクエア・ヤンゴンのフードコート

ミャンマー最大のデパート、ジャンクション・スクエア

近年、最後にミャンマーに行ったのは、ゾゾのお母さんが亡くなった2013年でした。 はじめてヤンゴンに行ったころとは随分変わり、かなり都会化されてきていました。 2012年には、ミャンマー最大のデパート …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事