みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

家族ルポ 2016年3月 暮らし・文化

お義母さんの三回忌 ミャンマーの仏教のしきたりは

投稿日:2016年5月23日 更新日:


蚊と南京虫にやられた一夜が明けた朝5時半。

ゾゾの妹ちゃん、オーちゃんの声ではっとして慌てて飛びおきました。

昨夜から、「お母さんの三回忌だから、お坊さんが6時に来てくれる予定なので5時起きね」と言われていたのでした、が、すっかり南京虫騒動で疲れきって、二度寝をしてしまったのです。オーちゃんは、シャワーも浴びて、お化粧もして、上等なロンジーを履いていました。一方私は、まだ寝て起きたままのTシャツとヨレヨレの綿パン…。最悪です。

「あと30分しかないからいそいで!」といわれ、アタフタしている暇はないと分かり、すぐに準備を手伝いはじめました。メインのモヒンガーは、近所の仕出屋にお願いし、そのほか果物やゼリー、スポンジケーキなどを皿に盛っていきます。チョコレートケーキ、ジュエゴーティと呼ばれるザボンのようなみかん、ジャックフルーツ、バナナで作ったサヌエンマキンというケーキ、それから甘い紅茶。

ミャンマーの国民食とも言われているモヒンガー

ミャンマーの国民食とも言われているモヒンガー

P1380073#2

実は、お友達からいただいたケーキ。とっても濃厚なチョコレートケーキ。5年前にはなかったしっとりタイプ

そうこうしているうちに、僧侶がいらっしゃいました。水掛祭りの前は、寄進をする家庭が多く、大忙しらしく、一番年配の僧侶は、ちょっと遅れてくるということで、若い僧侶3人でお経を始めてくださいました。

P1380038#2

自宅に来ていただくと仏壇のある部屋にお通しして、上座に座ってもらい、一家の人間は下座に並び、正座するか、しゃがむ格好で、両手を合わせ、指をついて、頭を下げる、これを3回くりかえします。これは1回目は仏様に、もう1回は仏様が残した教えに、そしてもう1回は僧侶への敬意をあらわします。

複数の僧侶がならび、代表的な方がお経や法話をとなえてくださいます。ほかの僧侶は、目を閉じてじっとしています。寝てるのかな~なんてときどき失礼なことを、思ったりします…。

P1380062#2

ようやく長老(一番右)が到着し、若い僧侶に代わり、亡き父、母の名を確認して、読経をしていただきました。
分かり難いですが、読経にあわせて、お坊さんの前でお兄さんが、銀の水入れから銀のコップに水をゆっくり入れています。
これはイェゼーチャ(水を落とす、というような意味)と呼ばれているもので、自分たちの行いの功徳が、亡くなった方をはじめ世界のあらゆる生き物に届くようにとの意味が込められているんだそうです。この間、先ほど聞いた義父や義母の名前を随所に入れながら、「父上や母上が彼の世で幸せにいられるようによいことをしなさい」といった感じで説法してくださるんです。

しかしこういうときの作法はいつまでたっても慣れません。立っていいのか、しゃべっていいのかとか。私の場合、写真撮っていいのか、とかも。でも、大抵のことは許されます。突然立ち上がって席を外す人もいますし、横の人とおしゃべり始める人もいますし、「写真とっていい?」と聞くと、「どんどん撮れ」と言ってもらえたりします。みんな寛容ですが、やはりひと言声をかけてから撮ると、場も和みます。「うちの妻は日本人で」という話になると、一気にくだけた雰囲気になり、「私の友だちは日本の板橋の僧院にいる」「先日、富士山にいってきた」とか。そうなると緊張がほぐれて、ようやくほっとします。

読経が終わると、お食事をしてもらいます。食事を載せたテーブルを、一家の人間が持ちあげて、僧侶がテーブルにちょんと触れます。
これは、「布施いたします」というのを意味する儀式で、このあと僧侶は食事をはじめます。

P1380067#2

僧侶は軽く召しあがられると、別のアルー(寄進)もあるということで家をあとにしました。
そして、家のものが今度は食事をいただきます(^^)

P1380068#2

仕出しのモヒンガーはどこのお店が聞きそびれましたがこれがおいしくて。モヒンガーはナマズのダシで作り、お米が原材料の発酵麺で食べます。お米の麺なんですが、ほんのりすっぱい。これは乳酸が発生しているのだそう。息子は、この麺が好きで、麺だけよく食べて、ミャンマー人に笑われています。
日本人だと、子供がうどんやそうめんをそのまま食べるのを笑って見てられます(よね?)が、モヒンガーの麺はちょっと笑えないようすで引かれます。すっぱいからでしょうかね。
モヒンガーは、個々に皿に盛ってもらった中に、ゆで玉子や、刻んだいんげん、豆を揚げたものや、香草、とうがらし、レモンなどを好みでプラスして食べます。
私は刻んだいんげんと、ぺージョー(豆を揚げたもの)とシャンサイ、とうがらし、レモンを入れるのが好き。とくにいんげんのプチプチ感がたまりません。
モヒンガーを食べるときは、ぜひ試してみてくださいね。

P1380084#2

さてそうしてアルーと朝食が終わりました。このあとすぐにバガンとインレー湖を巡るカートリップに出発です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-家族ルポ 2016年3月, 暮らし・文化
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

コップはおけに入った水で洗って使います

ミャンマーレストラン 水に浸かった湯のみの使い方

ミャンマーのレストランやカフェで、テーブルの上に置かれたおけに湯のみ茶碗が入っているのを見ることがあると思います。おけの中の水は、たいてい汲み直したきれいな水で(たまに烏龍茶とかで汚れているのでよく見 …

P1020663

ミャンマーの家の客間には椅子がいっぱい

ミャンマー人のお宅にうかがうと、鉄の扉のカギをガチャガチャ開けて、「ラー(入って)」と手招きされ、家の中に入るよう促されます。 そんなときは、いえいえ、とか遠慮せずに、入って椅子に座って、少し話をしま …

a1180_009285

トイレットペーパーは使うべからず、流すべからず

先日コメントくださったなおさんからの質問で、慣れて普通になってしまっていたけど、実は日本人にとっては普通じゃなかった、ミャンマーの習慣を思い出しました。 その日の記事は、ミャンマーのトイレでは水を手で …

P1380190#2

ヤンゴンから バガンに到着 口コミで快適格安ホテルを探す

ヤンゴン~バガンの旅、自家用車で、パーキングで休憩したり、高速をはずれて高架の下の陰で休みながら、10時間ほどでバガンに到着(これまでの記事は→こちら)。ミャンマーの人は、地図を読まないので、勘であち …

P1380029#2

ヤンゴン空港に到着 入国審査と荷物カートとポーターと

ソウルのインチョン空港から、およそ6時間で、ヤンゴンに到着します。 機内では食事を取りつつ、樹木希林さんの映画『あん』と、チリ鉱山落盤事故を映画化した『チリ33人 希望の軌跡』を見る。アントニオ・バン …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事