みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

ミャンマー旅行 家族ルポ 2016年3月 虫・病気対策と薬

ヤンゴン到着初日、まさかの南京虫 かゆみ止めにはコレ

投稿日:2016年5月20日 更新日:


今回の旅は、お義母さんの3回忌のお参りが大きな目的のひとつでした。
しかもタイミングよく、娘は高校を、息子は中学を卒業し、普通の春休みよりちょっと長い休みが取れると思っていました、が、フタを開けてみると、娘の大学の入学式は4月1日で、結局は2週間ちょっとしか取れなかったんですけど。

前日夜中の12時近くに実家について、荷物を家の中に運び、子ども達は、夫の妹さんのところに行きました。
妹さんのところは、エアコン完備だし、ガス湯沸器もありますから(^^)

私たちは、お義母さんと暮らした家で、今はお兄さんが守っている実家に。
いつも使っていたベッドはお兄さんが使っているので、ゾゾと私はピャーと呼ばれるシュロで編んだゴザを床に敷き、蚊帳の中で眠りました、が、かゆい!

やられました。

蚊?? も数匹入っていたと思うのですが、それより、この強烈なかゆみは…と思いながらも、疲れと暑さに負けて、私はねてしまいました。

そして翌日、今回の旅最初で最大の後悔と、ゾゾへの苦情で朝が明けました。

見るからに、南京虫に噛まれたあとが、両脚の指先からふくらはぎ、ふともも、首のあたりまで点々とついています。
1つ、2つではありません。
熟睡した私の足を、思う存分、かんだらしい痕です。あまりに醜いので小さいサイズにします。

P1380263#2
これでも実は、かまれて4日たった写真です。なので落ち着いています。

蚊と違うのは、かまれた痕がキレイに1つずつではなくて、2つずつ赤い盛りあがりが見られること、それから、写真では側面ですが、ピャー(ござ)に密着しているところをブツブツやられていること。そのことから、南京虫と判断しました。もちろん蚊に刺されたあともありますが、ゾゾも、南京虫だ、と言いました。

しかもかゆみが、蚊よりも強烈。いくら掻いても痒さが増すばかりで、気が狂いそうになります。

というわけで今回かゆみの対応策に使ったのはムヒです。ムヒアルファEXのほうです。薬剤師さんに勧められました。→蚊・ダニ・南京虫対策

P1410275#2

P1410277#2

でもムヒだけでは、南京虫のかゆみをたえるのがつらいので、今回は抗アレルギー薬のタリオンを飲みました。
このタリオンは、以前娘が肌のかゆみやクシャミ、鼻水などのアレルギー症状で受診したときに、もらったものです。私も以前、内科でクシャミ・鼻水どめに処方されたことがあります。
もうこれしか残っていませんが参考までに。私は南京虫以外のかゆみの緩和にも飲んでしまします。

P1410256#2

処方してくれた医師は、副作用もあまりないので、「ヤバいと思ったら飲んじゃうわ」とおっしゃっていました。
いいのか、悪いのかはわからないので、皆さんにオススメできませんが、超かゆい症状を、ぐっと軽くしてくれて、いままで南京虫に刺されたときよりかなり早く赤みがひきました。

ゾゾも、さすがにあちこち刺されていましたが、かゆくなさそう。虫に対する免疫力がミャンマー人は、日本人より高いです。

最近のホテルは、かなりきれいになっているので、南京虫も蚊もほとんど心配入らないと思います。映画館も大丈夫だと思うのですが、ちょっと埃っぽい、古くて、暗い環境の店や映画館や、ホテル類は、要注意です。お気をつけて。

楽しみにしていた3年ぶりのミャンマー初日は、南京虫な朝となりました。

ミャンマーへの旅行の際の予防接種(狂犬病ワクチン、マラリア等)について、こちらでも書きました。大事な情報なので、ぜひ参考にしてください(ミャンマーファミリークリニックと菜園の会のブログ「MFCGミタァース便り」に飛びます)。
海外旅行の際、狂犬病のワクチン、接種していますか? 
海外旅行の際のマラリアと、予防薬と虫よけ

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ミャンマー旅行, 家族ルポ 2016年3月, 虫・病気対策と薬
-, ,

執筆者:


  1. なおこ より:

    やっぱり私たち観光客が見た3週間のミャンマーは・・・この国のほんの一部、米粒大だったんですね(実感)。うわー、大変でしたねー、到着した晩からこれ(涙)。地元の生活に入ると、2016年現在でもこういう経験をするんですね。電車の寝台でもそうだと、つい最近記事で読みました。

    私たち、本当にそんな経験しませんでしたから、わあー、日本と同じくらい快適じゃない!なんて思ってました。宿はちゃんと毎日掃除に入ってくれるし、そのサービス精神が日本人のようで、うううっ、ほんとうに心に沁みましたもん。やっぱりミャンマー、大好き!

    • 今日子 より:

      なおこさん、大抵のところは本当にきれいになりましたよ。
      だから南京虫の心配はないと思います。
      これが実家だったので、ショック…。
      やっぱりお兄さん1人で家を守っているので、突然泊まりに行った私たちは負担をかけたと思います。ゾゾは兄弟だからいいですけど。。。
      ゴザは、ずーっと暗いベッドの下に保管されていたようなので、そこで虫がついたんでしょうね。
      翌日から旅行に出てしまったので、その日が最初で最後でした…。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

野菜炒め

ミャンマー レストランのお食事 おすすめメニュー

ヤンゴン~バガン(マンダレー)のハイウェイGolden Tiger Restaurantでランチ休憩を取りました。 →115マイルのパーキングエリアでランチ休憩 義弟の知り合いで、ごちそうになったとい …

a0002_011970

ミャンマーへの旅行に必要な蚊対策 虫よけスプレー

ミャンマー旅行の際の蚊対策で蚊取り線香をご紹介しましたが、直接肌につける虫よけも、私は必ず持って行きます。 去年は、東京でもデング熱が流行し、驚きましたが、ミャンマーでは、蚊が媒介する病気では、デング …

P1290210

ミャンマーの暑さをしのぎ、蚊を退治するウチワ

暑いです。このところ35度を超える猛暑日が多発する東京。 耐えきれずエアコンをつけて1日1日をしのいでいますが、ここままで暑いと、熱帯地方に属するミャンマーにいる気分がしてきます。 ミャンマーが最も暑 …

P1380038#2

お義母さんの三回忌 ミャンマーの仏教のしきたりは

蚊と南京虫にやられた一夜が明けた朝5時半。 ゾゾの妹ちゃん、オーちゃんの声ではっとして慌てて飛びおきました。 昨夜から、「お母さんの三回忌だから、お坊さんが6時に来てくれる予定なので5時起きね」と言わ …

P1370627#2

宅配便で、スーツケースを成田空港に送る

地下鉄の駅の近くに引っ越してから、車を手放して、はじめてのミャンマーへの帰省となりました。 ゾゾは家中のものを全部持っていくんじゃないかと思うほど、あらゆるものをスーツケースに詰め込み、信じられない重 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事