みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

ミャンマー料理・食べ物

とうがらしアディクションの夫と ミャンマーのおやつ

投稿日:2015年8月7日 更新日:


ミャンマー出身の夫ゾゾは、なんにでも赤とうがらしをかけます。
とうがらしの時期には、八百屋でとうがらしがいっぱいぶら下がった枝を買ってきて、食事のたびにプチプチもいで、うまいうまいと、食べています。

ミャンマーの料理にもとうがらしは欠かせないので、粉、乾燥したもの、半乾燥のもの、油で揚げてふりかけにしたもの、生といった形で食卓を賑わせます。

とうがらし

とうがらし

なかでもタイ料理でもお馴染みの小さなプリッキーヌは、お茶の漬物のサラダ(ラペトウッ)などには欠かすことができないスパイスで、かんでしまうとしばらく辛くて口の中が麻ひしそうになりますが、その青辛い風味(というのかな)は、なんとも言えません。
(ラペトウッはミャンマー料理のお店 俵でも紹介したのでご覧ください)

だからといって、ミャンマーの人誰でもが辛い物をバクバク食べるわけではありません。
まあ、ほどほどに、料理に入っている程度ならふつうに辛いものは食べますが、ゾゾはちょっとイキすぎ感があります。
ミャンマーの人にも、「おいおい、あまり食べるとカラダによくないぞ」なんて言われます。

この日本でさえ、1年中、とうがらしを天井にぶら下げていて、食事ごとにかじって食べています。

ゾゾが喜ぶので、うちの母も自分ではとうがらしはあまり食べないけれど、一生懸命庭で作っては、ドライフラワー状態にして、ゾゾにもたせます。

そんなゾゾが先日買ってきたのがハバネロの苗木。
バジルが植えてある鉢に押しこんでしまいました。種が取れたら、ハバネロ風味のバジルができるかも!(笑)

2015年8月ハバネロの苗木を購入

2015年8月ハバネロの苗木を購入

以前、畑仕事が得意なお友達から種をわけていただき作ったことがあるハバネロ。ご存じのとおり、そのまま食べると目から火が出るほど辛くて、ハバネロをもいだ手でカラダを触ろうものなら、小1時間ヒリヒリ痛みます。

それでも、ゾゾはまるかじりします。なにと食べるかというと、なんでもありです。
牛丼のときもあるし、サンマのときもあれば、ギョーザと食べたり、ドリアと食べたり。ドリアですよ。ホワイトソースの。

尋常な辛さではないので、涙はでるは、鼻汁はでるは、むせるはで、見てられません。

さすがに1コは食べられず、3分の1くらい食べて、あとは大事にラップにくるんで保存。それを次の食事で食べます。

日本でふつうに食べる食事はからみがなくて刺激がないというのが、彼の思う所なのでしょう。

ひとことで言うと、とうがらし中毒。

しかも、とうがらしに強いということが、エラいことのように振るまい、ししとうを食べてむせてしまう父を笑ったりします。

粉とうがらしをほんのちょっぴり入れた野菜炒めを、「からい」といって、食べられない娘をしかります。しかも、「今日子が小さいころから少しずつ慣れさせていれば、今頃ハバネロも食べられる」などと言います。なわけないでしょう。

だって、子どものころは刺激物は避ける、というのが、幼児食の鉄則ですよね? 私も子どものころ辛い物を食べさせられた記憶はありません。でも、大人になって食べられるようになりました。

確かにミャンマーでは、保育園、幼稚園くらいの子にも、かなりとうがらしが入った煮物や野菜炒めなどを食べさせちゃいます。辛そうな顔をする子どもに、「ほら、水、水」といって笑って飲み込ませます。おおらな気性がなせる技です。

そうして育った子ども達のおやつは、なんと、ドライフルーツのとうがらしあえです。マンゴーやスモモにとうがらしと砂糖をまぶしたお菓子。いま写真が見つからないのですが、見つかったら必ずアップします! それはそれは、おいしいんです。辛さと甘さとすっぱさの絶妙なコンビネーション。

確かにあれはミャンマーの味だなあ。

話しがそれてしまいましたが、ハバネロの成長と合わせて、ミャンマーのおやつなどもご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-ミャンマー料理・食べ物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

P1070595

高田馬場 油そば力で油そばとミャンマー風ビーフンを食べる

ゾゾの友人2人がミャンマーから日本国内の旅行に来て、東京滞在中、数日わが家に泊まって賑やかな夜を過ごした。2人はかつて長く日本で暮らした経験のあり、当時から日本で頑張っているミャンマー人の友人が高田馬 …

IMG_3102

練り切りと緑茶の和ペアは、ミャンマーの紅茶と揚げドーナツ

両国に行く用事があって、地元の方イチオシの和菓子屋さん「とし田」で和菓子を購入。夕食前に、会社から帰ってきた夫ゾゾと味わいました。以前、ミャンマーから帰国して飯能市で両親と同居していたころ、市民講座で …

P1380161#2-

ヤンゴン~バガン 285マイルのパーキングで お茶休憩

115マイルのハイウェイパーキングを出発し、また4~5時間走ったところで、お茶休憩。一般的なバスの旅でも、115マイルと、285マイルのメイッティーラ(Meiktila)の2箇所でトイレ休憩があります …

ブタとジャガ芋の煮物

ミャンマー風豚カレーとキャベツ炒め

ミャンマーにいたころお母さんや妹のエーちゃんに教えてもらった料理をときどき作ります。 ミャンマーの家庭で食べる料理はインドのカレーと中国料理の煮物がちょうどミックスしたようなものだなーと、常々思ってい …

Pioneer food center

115マイルのパーキングエリアでランチ休憩

ヤンゴンからバガンに向かうハイウェイで、だいたい3時間のパーキング(115マイル)でトイレ&ランチ休憩。 (パーキングについて以前の記事→ミャンマーのハイウェイ・パーキングとトイレの使い方 ) パーキ …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事