みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

国際結婚は珍しい? 日本人同士の婚姻数と比べてみた

投稿日:2017年3月7日 更新日:


自己紹介で夫がミャンマー出身だと話すと、「えー、どこで出会ったの?」と必ず聞かれます。聞きたくなる気持ちもわかります、しかもミャンマーですしねえ。よく「どこどこ? ヤンマー?」←結構多いパターン。「ビルマとも呼ばれています」「あ~ビルマの竪琴の~!」。最近はスーチーさんの名前を挙げると「あ~!」という方も増加。でもまだ軍事政権のイメージがあるようで「大丈夫なのー?」と心配してくださる人も、ときどき。
982defdc79ecb63e2498c3ed2f581dae_s自分の中では、夫と出会ってからもうすでに20年以上が過ぎているので、「国際結婚」という、特別感はありません。ただ、30年近く暮らしていても、お互い国の習慣や価値観に踏み込まれると、ブチッと神経が切れる音がしてぶつかります笑。まったく成長しない夫婦です。逆に、年を重ねるごとに、これまでよりも、ガンコになってきている感があり、行く末が恐ろしいこの頃です。

とはいえ、習慣や価値観の違って、何も国際結婚に限ったことではなくて、日本人同士のカップルにも、ドラマがあって結婚があって、ラブラブなカップルもあれば、そうじゃないカップルもいるし、家族になったり、別れたりいろいろですよね。それが国際結婚の場合はたまたま海外だった、ということ。

ただ、たまたま、とはいえ、統計を見てみると、やはりスゴく少数派な。やはり国際結婚をしていると、当然ながら国際結婚をしている人たちと出会う機会が多いので、「そんなに珍しくない」感を持ってしまうんですよね。しかも、ブログランキングとか、チェックするのも「国際結婚」というカテゴリーだったりするわけで、国際結婚を目にしたり、読んだりする頻度も高。

国際結婚と、日本人同士の結婚の件数の差

ちなみに、ゾゾと私が結婚したのは平成7年1995年で、その年の婚姻件数は総数が971,888件で、そのうち夫妻の一方が764,161件で3.6%、妻日本・夫外国ではわずか0.8%。その割合はほぼ20年後の2014年もあまり変わっていません。日本にいる海外の人はかなり多いイメージはありますが、そんなに増えていない、ということなのでしょうかね。

国籍 平成7年(1995) 平成26年(2014)
総数 791,888 643,749
夫妻とも日本 764,161 622,619
夫妻の一方が外国 27,727 21,130
夫日本・妻外国 20,787 14,998
妻日本・夫外国 6,940 6,132

資料:統計情報部「平成26年人口動態統計」

ちょっとおもしろかったので、妻が日本人の場合のカップルの件数の変化をご紹介します。約20年の間に、韓国・朝鮮の男性との結婚と、アメリカ人男性との結婚が減って、フィリピン、タイ、ブラジル、ペルー、その他(含むミャンマー)はじわじわ増加。でも最新の2014版の調査では、その前の2010年、2005年、2000年の調査と比べると、海外の伴侶との婚姻数がガクッと減っています。最高に婚姻数が多かったのは2005年で、国際結婚カップ夫が5.8%。まあ総数に比べたら少ないのだけど。その後、急に減ってくのは、ビザ取得目的のための偽装結婚や、結婚詐欺の摘発が厳しくなったからとか。ご興味があればこちらから詳しく見られます。資料→統計情報部「平成26年人口動態統計

国籍 平成7年(1995) 平成26年(2014)
妻・日本・夫外国 6,940 6,132
夫の国籍
韓国・朝鮮 2,842 1,701
中   国 769 776
フィリピン 52 118
タ   イ 19 27
米   国 1,303 1,088
英   国 213 236
ブラジル 162 329
ペ ル ー 66 117
その他の国 1,514 1,740

いろいろデータを出しましたが、「えー、どうやって知り合ったの?!」と言われるゆえんを改めて理解いたしました。でもねえ、私としては他のご夫婦のなれそめもめちゃめちゃ気になるので、尋ねられたらお返しにうかがいたい。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。ぜひなれそめとか、お聞かせいただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

yakusokuanIMG_20170221_191512

ミャンマーの定番朝食麺モヒンガはインスタントでカンタン

夕食が変わりばえしなくて、なんだかなあ、と思う時は、ミャンマーの料理を作ることがあります。まあそれも豚カレーとか、卵カレーとか、定番ばかり。なかでも超カンタン、でもゾゾが喜ぶのが、モヒンガーです。とい …

P1480716

結婚生活を救うのは 青春時代に聞いた懐かしい音楽

高校で軽音部に入っている息子は、音楽の幅を広げようと、いろんな年代の洋楽邦楽を借りてきて聞いています。この日は、1982年~1984年の洋楽ヒットを聞いていて、夫ゾゾにも私にも、懐かしくて懐かしくて。 …

P1060925

お坊さんのお話と精進料理で癒やされる 寺カフェ代官山

代官山の魔女(マニョ)と呼ばれる心理カウンセラーで、僧侶の山口依乗(えじょう)さんのお話を聞いてきました。会場は、大使館や高級住宅があって超オシャレな街、代官山にある寺カフェ代官山。依乗さん手作りの精 …

airasia

ミャンマー行き、LCC エアアジアで 格安航空券を購入

20歳になる大学2年の娘が交換留学生としてミャンマーの大学で学ぶことになり、着々と準備を進めています。父親の国で勉強してみようという心意気が誇らしく、嬉しくもあり、10か月家を離れて寮生活をする娘が心 …

CIMG4508

スペシャルランチ・ミャンマー料理の日 in チャイハナ光が丘

東京の練馬区にあるコミュニティカフェ・チャイハナ光が丘でスペシャルランチ・デイ「ミャンマー料理の日」を開きました。 チャイハナさんや、プロデュースをしてくれたメディカルハーブコーディネーターの佐藤暁さ …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事