みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

どたばた国際結婚 いざ嫁入り

いざ嫁入り⑥ ゾゾの家族の暮らし

投稿日:2015年8月21日 更新日:


*ミャンマー人の夫と出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返るシリーズです*

東京でミャンマー出身の夫と出会って結婚を決めて、ヤンゴンを訪れるまで、ゾゾにどんな家族がいて、どんな風に育ったかなにも知りませんでした。
今考えると、よくもまあ、という感じもありますが、本当にいい家族に恵まれ、ゾゾには感謝です。

ゾゾの家族については、前にも少し書きましたが、お父さんは中国福建省の人で、お母さんはミャンマーで生まれた中国人とミャンマー人とのハーフ。
お母さんはミャンマー中部にある古い王朝があったタウングーという町の出身で、お父さんとはお見合い結婚だったそうです。
お姉さん、お兄さん、ゾゾ、エーちゃん、オーちゃん の5人の子どもに恵まれ、お父さんは理髪店を続けながら3人の子どもを大学まで出しています。

ヤンゴンのダウンタウンから車で20分ほどの通りに面したところで住居兼店舗があって、いつもお客さんで賑わっていました。
大きな通りだったので、車が通っていて、開けっぱなしの店はちょっと埃っぽくて。
自然光のままで営業している店には2つの古い大きな散髪用の椅子がありました。
ゾゾとは正反対で口数が少なく、手動のバリカンとハサミで黙々と髪を切るお父さん。
その横で、若いお弟子さんが、切っているお客さんや、待っているお客さんと話をして盛り上げている感じ。
ミャンマーのおじさんたちは小奇麗にしている人が多くて、しょっちゅう髪を切りに来る人もいたようです。
お父さんは、徐々に物価が上がっていくのに、「値上げはせん」と、安く切っていたこともあって、忙しく過ごしていました。

ゾゾや私が外から帰ってくると手を止めて「どこへいってきた?」といつも聞きます。
若いころに中国から来たのでミャンマー語が上手じゃないというのも、言葉が少ない原因だったでしょう。

お母さんは女性のお客さんの髪を染めたり、パーマをかけたりするお手伝いをしていました。そうでないときは、住居のほうで料理を作ったり、飲料にするお湯を沸かしたり、お掃除をしたり、ちょこちょこ動きまわっていました。
細長い鰻の寝床のような住居で、本当に狭い。足もとがコンクリートで冷たいので、いつもサンダルを履いて歩き回っていました。

私がはじめて訪れたときは、ゾゾのすぐ下の妹さんエーちゃんはまだ独身で、まだ大学の勉強をしていました。
裁縫ができたので、ときどきおばさんや女の子が家に来て、服を注文していきます。
当時1995年ごろは、Tシャツなど既製品を買うこともできましたが、オーダーメードがごくふつうで、「襟はこんな感じ。ウエストはぴったりめに。袖はヒラヒラにして」とか、希望をエーちゃんに伝え、帰って行きます。
するとエーちゃんは、生地にデザインを下描きし、裁ち、縫って完成させます。お父さんが髪を切るのがゆっくりなのに似て、その1つひとつがゆっくり、なのですがとても丁寧。
私はせっかちで雑なので、エーちゃんのテンポに魅了されました。
彼女には料理を教えてもらったり、買い物の作法を教えてもらったり、思い出深い日々を過ごしました。
今は、すてきなご主人と、3人のお子さんに恵まれて充実した日々を過ごしています。

あとの家族は、すでに結婚してて子どもがいたお姉さんと、タウングーでパン屋さんを手伝っているお兄さん、末娘ですでに結婚していたオーちゃん。

ゾゾの家族は、多民族国家のミャンマーでは、ごくふつうのミャンマーの一庶民という感じ。
中国系というくくりがあって、冠婚葬祭に関してはミャンマー方式とは異なるのですが、寺院に行って僧侶に寄付をしたり、パゴダへ行き祈りを捧げる仏教徒ととしての生活はごく一般的なものでした。
ビルマ族の友人や中国系のコミュニティの人たちと関わりながら、ゆるゆるとヤンゴンの日々は進んでいきました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-どたばた国際結婚 いざ嫁入り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

a1180_002881airport

いざ嫁入り② ヤンゴン空港到着編

*ミャンマー人の夫との出会いから、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返るシリーズです* 日本を旅立ち、当時はヤンゴンへの直航便はなかったのでタイで数日遊び、ヤンゴンに向かいました。 バンコクからは5 …

a0960_001261

いざ嫁入り① 準備・離陸編

ミャンマー人ゾゾと知り合って1年足らずで、結婚しようということになったのですが、決めるのは、ゾゾのご両親にもごあいさつをしてからが順序でしょう。 というわけで、日本側では結婚披露パーティーといったもの …

dragon

いざ嫁入り③ ヤンゴン新居編

*ミャンマー人の夫との出会いから、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返るシリーズです* タイからヤンゴンに到着し、新居に着いたところまで書きましたが、どピンクのベッドを見た瞬間、古いけれど仕立ての良 …

結婚誓約書の表紙

いざ嫁入り⑦ 結婚誓約書にサインし、婚姻届を提出

*ミャンマー人の夫との出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返るシリーズです* ミャンマーへ行ってから2週間近く経って結婚誓約書を作りに行きました。 よく覚えていないのですが、私が持って行った …

IMG_3919

いざ嫁入り④ ご近所あいさつ編

*ミャンマー人の夫との出会って、はじめてミャンマーを訪れた日々を振り返るシリーズです* 到着から衝撃の新居への到着で、疲れていたせいか、朝は通りのもの売りの声や、行きかう人々の足音や話し声を遠くのほう …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事