みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ 東京散策 Tokyo City Guide

前日予約でもOK 駿河湾で釣りと海鮮食べ放題バスツアー

投稿日:


息子が夏休みに入り、4泊5日の合宿に出かけたのを機に、何十年ぶりかの夫婦でバスツアーに行こう、ということになった。
ゾゾが、土曜日は休みだ、というので、急きょ、探して予約したのがHISの国内バス旅行。
ゾゾ、釣りが好きな夫なので、夏のよくばり静岡★駿河湾で釣りと海鮮食べ放題&「まかいの牧場」濃厚ソフトクリームをチョイス。

natunoyokubari

すでに1日前なので、ネットでは予約できず、電話しなければならなかったが、まだOKだったので、即予約!

前日でもバスツアー予約大丈夫? 大丈夫!

前日になって、どこか行きたいと思ったら、HISのバスツアーサイトを見て、赤字で「満席!」という表記がなければ、電話して空席を確認すれば、たぶん席、あります。
「よくばり静岡」は、最少催行人数が30名で、最大が46名。私が前日に頼んだ時点で、うかがったら、「30名以上のご予約ありです」ということだった。

実は、もう1つ「いいなー」と思ったツアーがあった。【【新宿発】大自然がココロうるおす♪冷たい水の満ちる山岳リゾート上高地フリータイム

だけどこれは一覧表に赤字で「満席」とあったので、諦めました。

HISのバスツアーの予約は、目的、出発日での検索、発着地、行き先の4種類で選べるので検索しやすいのがいいですね。

higaeritop

出発日、目的、乗車地などで検索できるバスツアー

今回は、もう日程がこの日しかなかったので、出発日で検索。でも前日なので、すでに満席のもあったりもしました(上記上高地)。ま、その場合は、ちょっと面倒ですが、電話で確認すればOKの場合も多々ありです。
1週間前なら、ギリギリインターネットでの予約が可能。休みが分かっているなら、早めに行きたいツアーに予約をするのをお薦めします。

HIS tour

実は、私、「バスツアーなんて、いつでも予約できるだろうな~」と甘く見ていたので、上高地を逃しました。そもそも子ども達は夏休みですものね。おいそれと希望のツアーは取れない、と思っていた方がいいかもしれませんね。

ちなみに、1週間前などの予約の場合、翌日中の旅行料金の決済でOKとなるが、私たちのように、前日の場合は、数時間後にクレジット決済あるいは、コンビニなどでの決済が必要でちょっとバタバタしそうです、が、可能です。私は、メールでのやり取りと、クレジット決済で、予約の後、2時間で参加決定となりました。

なお、私はEメールでのやり取りになったので(出発は翌日なので)電話口では、Eメールアドレスを口頭で伝え、あとは、ネットに添付される請求書、集合場所の指示、ツアー参加の心得のようなものが送られてきて、手間はありません。申し込み登録というのがあり、名前、住所、電話番号、メールアドレス等を入力して決定。で、終了です。
ただ登録をしていく途中で、旅行保険に入って下さい、というメッセージがありました。
日帰りで1人330円。万が一の場合に500万円が支払われる、とか、持ち物の保証などがつきます、が、まあ家で入っている保険で代用可能だろう、と思い、入りませんでした。

バスの席の希望は伝えられるのと、前夜に添乗員さんから確認電話あり、で安心

バス、といえば、席が気になります。HISの場合(私たちのツアーは)HISが決めるということで、希望は、歩道側と伝えました。「すでに30人以上の申し込みがあるので、希望が叶うか分かりませんが、一応、そのようにご希望があった、と登録しておきますね」と電話口のお兄さんが、打ち込んでくれていました。

集合場所は東京駅の丸ビル前。7:30出発なので、20分までに集まって下さいとのことでした。起きられるかな~ という感じですが、ちょっと楽しみです。

と、準備を始めていたら、HISの添乗員さんから午後7時に電話がきましたよ。
「明日の添乗員です。よろしくお願いします。
集合場所は分かりますか? 東京駅南口からすぐです。
出発は7時半ですが、10分前におトイレだけ済ませていただけると助かります」って。
とっても感じのいい女性でした♡ 明日のツアー、楽しみ~。

ちなみに内容はこんな感じ。ホームページからコピペしました(^^)
【静岡県】 日帰りバスツアー / 【問合わせコード:A3601】

静岡の海と高原をWで満喫★
海釣り!クルーズ!浜焼き!ソフトクリーム!お腹もココロもまんぷくの1日をお過ごし下さい♪

★魚の宝庫・駿河湾で海釣り体験!みんなでわいわい♪エサ付けや釣りのコツなどアドバイスします!
【釣りセット内容】竹竿1人1本(仕掛け付)、エサとバケツは1グループにつき1つご用意致します。
【釣れる魚】イワシ・アジ・サバなど (※お持ち帰り希望の方は保冷バックをご持参下さい/現地販売:150円)
★爽快!駿河湾クルージング!かわいいカモメがたくさん寄ってきます!手のひらにおやつを乗せると食べに来るよ!
★海鮮魚介が豪快たっぷり♪お昼は海鮮浜焼き食べ放題!今年はぷりぷりの牡蠣も食べ放題です!
【お品書き(一例)】牡蠣、さざえ、帆立貝、蛤、ムール貝、海老、いか、干物、豚バラ肉・ウインナーなどの焼き物
まぐろ・鰤・こはだ・海老・イカ・サーモンなどの握り寿司、サラダ類、あら汁などの汁物、ケーキ2種、フルーツなど
★富士山の麓に広がる朝霧高原まかいの牧場で牧場の夏をたっぷり大満喫!
★かわいい動物たちとのふれあいやアスレチックなど遊びが盛りだくさん!ハンモックの森でお昼寝もおすすめ!
★牧場に来たらこれを食べなきゃ始まらない!ミルク工房のソフトクリームのおやつ付!濃厚で絶品ですよ~!
★牧場のお花畑を彩る国内最大級!約1万株のサンパチェンス観賞!【例年の見頃】7月下旬~8月下旬

ブログランキング・にほんブログ村へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ, 東京散策 Tokyo City Guide
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

教習所

車の運転は運転免許試験場で習え?

ミャンマー出身のゾゾと出会って、結婚式のためにミャンマーに行くまでに、運転免許を取っておこうということになりました。仕事を探すのにも免許があると有利ですし、買い物などに行くときにも、運転してもらえると …

P1290424

ミャンマー夫ゾゾ ドライヤーを駆使して電化製品を直す

先日、ゾゾはうす暗い部屋で、テーブルに新聞を広げてなにか修理をしていました。 暑いときは、蛍光灯の熱すら耐えられないということで、手もとの小さなライトで作業をしていました。 息子が使っているタブレット …

IMG_20160728_140605#2

隅田川花火大会の鑑賞スポットを探して両国~蔵前~浅草

2016年の隅田川花火大会を鑑賞したいと考えて、現地を調べてきました。 海外からの旅行者のためのボランティアガイドしていて、花火大会をぜひ見たいというご希望をもらったからです。

P1360024#2

ミャンマーでもバレンタインデー? 最近のヤンゴンの様子

ミャンマーから昨日帰ってきた知り合いが家に遊びに来てくれました。 日本人と結婚して、長く住んでいる女性です。 2年ぶりに1か月ちょっとミャンマーに滞在。 「変わった?」と聞くと、相変わらずだったよ、と …

img1444911557362パナッ

スリッパで自転車に乗ると止められる、の巻

夕食のギョーザを食べながら、娘がスマホの画面で、ある男の子が電車の中で歌って踊っている動画を出してきました。 その男のはうちの近くのロータリーでときどき歌いながら踊っている子だったので、びっくり。 娘 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事