みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

川でジュニアと釣りを楽しむゾゾ

投稿日:2015年8月14日 更新日:


お盆に連休をとれたゾゾは、高麗にある祖父母の家で、一足先に遊びにいった息子と合流。

翌日朝から巾着田で有名な高麗川で釣りを楽しみました。

家でもベタとか、プラティとか、エンジェルフィッシュとかを飼っているのですが、釣りも好きで、よくやります。

釣りをするのはよいのですが、伊豆などの海に行くと、ちょこっとやりたいだけなので、釣竿しか持って行かず、なんと、本格的に釣りをやっている人たちの近くに行って、釣りをはじめてしまいます。それでどうするかって、その人達がまくエサに集まる魚を、横で釣っちゃうんです。

そんな姿を見て、私は恥ずかしくて他人のふりをしてその場を離れつつ、釣り人に申し訳なくて。当然、その人達ににらまれます。それでもしばらくゾゾは素知らぬふりをして釣っているので、びっくりします。

「とにかくそれだけはやめてくれ」と懇願したので、最近は、錬りエサを作って行きます。

これだって、ある時、川で、変な物をくっつけて釣りのマネをしているゾゾの姿にたまりかねて、近くでバンバン釣っていたおじさんが教えてくれたものです。

錬りエサを教えてもらう前は、家からサキイカや(ザリガニ釣りじゃないんですけど…)、ウィンナーや、イクラを持って行っていました。もちろん釣れないので、ゾゾと一緒にでかけていく息子が不憫でしかたありませんでした(-_-)

ともあれ、今の錬りエサは、ホットケーキミックスに卵の黄味と、バニラエッセンス、そして食紅で作るんですが、これがよく釣れるそうで、この日は20センチ大の魚を20匹以上釣っていました。

大満足のゾゾとジュニア。結局朝9時からでかけて午後5時までずっと川の中にいたようです。

そして翌朝、また一足先に帰宅。なんと40キロあまりある道のりを原付きバイクで帰ります。しかも、そんな格好で乗っていいの? という感じですよね。ミャンマーのジョン・ローン、初登場です(笑)

scooter

バイクで帰るのは彼ひとり。「電車が嫌いなんだ」と言います。それもそうでしょうが、「電車賃を払うのがイヤ」なのです。バイクだと片道44キロ、往復約90キロで3リットルほどしか使わないということなので、往復400円程度。電車を使うと往復1300円なのでバイクはだいぶ安いですね。だからです。はい、締まり屋です。

以前、20年前に出会ったころ、自動販売機を見つめてかたまっていることありました。

どうしたの? と聞くと、ジュースを飲みたいけど、100円は高すぎるから迷ってるというんです。聞くと、当時100円は、ミャンマーだとだいたい1000円くらいの価値があったためです。それは、迷うかもしれませんね。

20匹釣った魚は川を後にするとき、生きていたものはリリースして、弱っていた魚やすでに死んでしまった魚は持ち帰りました。フライにして食べるのではありませんよ。

亀のエサにするためですって。死んだ魚で大丈夫なのかわかりませんが、今まだ生きているので、大丈夫だったのでしょう。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

P1350469#2

演歌 懐メロ 口ずさむ至福のひととき

近頃は、高3の娘はミャンマー語教室のお手伝いに行ったり、息子は受験勉強で10時すぎまで塾に行ってしまい、夜はゾゾと2人の時間が多く、なんだか老夫婦のように過ごしています。 子どもが遅くまで帰ってこない …

P1360024#2

ミャンマーでもバレンタインデー? 最近のヤンゴンの様子

ミャンマーから昨日帰ってきた知り合いが家に遊びに来てくれました。 日本人と結婚して、長く住んでいる女性です。 2年ぶりに1か月ちょっとミャンマーに滞在。 「変わった?」と聞くと、相変わらずだったよ、と …

IMG_20160621_232047#2

ビルマ語講座でミャンマー語を勉強中!

夫がミャンマー人なのに、ビルマ語の講座行くの?とよく言われます。 「ご主人に教えてもらえばいいじゃ~ん」って。 ところがなかなかそうもいかない。夫は日本語がうまい。うまくなってしまったのです。 しゃべ …

イメージ写真です。東京のミャンマー僧院での振る舞われたお料理

ミャンマー人夫ゾゾと 幼なじみの東京暮らし

ゾゾは、出会った当時、ミャンマーから来ていた幼なじみの2人と一緒に、6畳の1Kのアパートに住んでいました。 昼間はみんな働いていて、深夜になると顔を合わせる生活。 何度か、週末に遊びに行かせてもらうと …

IMG_3102

練り切りと緑茶の和ペアは、ミャンマーの紅茶と揚げドーナツ

両国に行く用事があって、地元の方イチオシの和菓子屋さん「とし田」で和菓子を購入。夕食前に、会社から帰ってきた夫ゾゾと味わいました。以前、ミャンマーから帰国して飯能市で両親と同居していたころ、市民講座で …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事