みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

演歌 懐メロ 口ずさむ至福のひととき

投稿日:2016年1月29日 更新日:


近頃は、高3の娘はミャンマー語教室のお手伝いに行ったり、息子は受験勉強で10時すぎまで塾に行ってしまい、夜はゾゾと2人の時間が多く、なんだか老夫婦のように過ごしています。

子どもが遅くまで帰ってこないと、食事も「ま、遅くていいか」なんて思うので、カチャカチャパソコンなどをやることが増えました。
すると、「さみしいなー、子どもがいないとさみしいなあー、今日子、子どもたちがいなくなったら2人だけで仲良くしなくちゃならない。いや、結婚しても、子どもには家にいてもらおう、それで赤ちゃんが産まれたらかわいいぞ~ それがいいなあ。子どもがいないとさみしい」とかうんぬんとか、延々としゃべっているので、もう返事はしません。

返事をしないとね、歌いはじめるんです。
どんな歌を家で歌うのが“普通”なのかはわかりませんが、少なくとも「ブルー・シャトウ」じゃないでしょ?

P1350469#2

「ブルーブルーブルーシャット-」って歌ってるんです。なんでミャンマーで育ったあなたが、昭和42年の曲を知ってるの!?(笑)

演歌の番組などをやっていると、必ずつけてみてるんですよね…

歌がゆっくりで言葉がわかりやすくて、なんとなくミャンマーのフォークソングに雰囲気も似てる、だからなんでしょうかね。

石川さゆり、ちあきなおみ、吉幾三、テレサ・テン、石原裕次郎…。なかなか趣味がしぶいですよね。
とくにちあきなおみは大好きで、新聞の日曜版の裏側に一面でよく載っている「ちあきなおみ大全集」なんかを買おうとしている。

これはちょっと私も気になっています。子ども達が巣立ったら歌謡曲な毎日がくるのかしらん。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-

執筆者:


  1. なお より:

    たった今、YouTubeで聴いてきましたよー(笑)!ああー、聴いたことあるー!!!ってね。

     リアル・ゾゾさんにお会いした私は、今日子さんとゾゾさんのやりとりがまるで目の前で行なわれているかのように思えてきます。ゾゾさんの歌声まで聞こえてきますよ(笑)。結構、印象に残ってるんです、ゾゾさんのお声。

     確かに早口じゃないし、覚えやすいかもしれませんね。なんて昭和な雰囲気なんでしょう。昔、父が週末になるとレコードをかけていたことを思い出しました。ジャンルは少し違いますが、私にとってはその音楽はほんとに昭和の香りです。

     ゾゾさんにとって懐かしいミャンマーの曲ってどんな曲でしょうか?聴いてみたいです。動画があればぜひ紹介してください。

    • 今日子 より:

      なおさん
      目に浮かぶでしょ~?
      あと舟木一夫とかね~ どこで聞いてるの?って感じですよ。
      私より詳しかったりして。
      会社でも、歌うゾゾと呼ばれているそうです(笑)

      私が出会ったころに、ミャンマーのお気に入りの歌を集めたカセットをもらったんですよ、カセットですよ、カセットテープ。

      そこにはサイティーサイ(Sai Htee Saing) とか、カイザー(綴りがわからない。。)といった大御所の曲が入っていて、日本のフォークソングみたいな曲でした。
      Sai Htee Saingは、Youtube でもすっごくたくさん紹介されています。しかも、アルバムごと! 
      https://www.youtube.com/results?search_query=Sai+Htee+Saing

      そのほかに好きな人の曲を探して紹介しますね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

西伊豆の田子瀬浜

ミャンマー夫 ゾゾ、沖に流されても「ダイジョウブ」?

最初にゾゾと海に行ったのは、私の母が、ゾゾに言い寄ったあのとき、まさにその日でした。 キャンプに行ったことがない、というので、アウトドアに少し慣れていた両親に連れて行ってもらったのです。館山だったと思 …

P1370856#2

卒業式 記念日や学校行事は出席しないミャンマー夫

ミャンマー旅行の準備に追われるうちに、あっというまにお世話になった息子の中学校の卒業式を迎えました。 野球部の仲間と頑張って都大会に出場できたり、生徒会長として学校の規律を守る!と言って頑張ったりした …

CIMG4508

スペシャルランチ・ミャンマー料理の日 in チャイハナ光が丘

東京の練馬区にあるコミュニティカフェ・チャイハナ光が丘でスペシャルランチ・デイ「ミャンマー料理の日」を開きました。 チャイハナさんや、プロデュースをしてくれたメディカルハーブコーディネーターの佐藤暁さ …

IMG_2952

プチ断捨離 手放すものと大切にしたいもの

子どもが小さい頃は、連休には公園や遊園地に出かけたり、長い休みには近場に旅行に行ったりしたものです。でも娘も大学生、息子も高校生にもなると、バイトや部活で休み中も、親と休みが合うことは稀で、たまに合う …

myanlog18372

自転車のタイヤのバルブで原付バイクを直す、の巻き

「これすごいよ、ちょっと見に来て!」と言うので、見に行くと、通路に原付バイクを置いて、タイヤや七つ道具をちらかしてどや顔の夫ゾゾ。何がスゴいのかよくわからないのだけど、なにやらスゴいことをしたらしい。 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事