みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

車の運転は運転免許試験場で習え?

投稿日:2015年8月27日 更新日:


ミャンマー出身のゾゾと出会って、結婚式のためにミャンマーに行くまでに、運転免許を取っておこうということになりました。仕事を探すのにも免許があると有利ですし、買い物などに行くときにも、運転してもらえると助かりますからね。

ゾゾは、ミャンマーで取った運転免許を持っていました。私も自動車の免許はアメリカで取って、日本では書き換えだけで済んだので、ミャンマーの免許も書き換えられると思ったらダメでした。「道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)に基づく国際免許証」というのがあって、その国の免許証なら書き換えられるのかもしれません。でもミャンマーはその中に入ってないんです。
国外運転免許証が有効な国等(ジュネーブ条約加盟国)

なので試験を受けて免許を取らなければいけなくなりました。
しかし、必要ないお金はびた一文払いたくないゾゾですから、教習所に通うなど論外。
ではどうしたかというと、運転免許試験場での一発合格を狙いました。
普通免許試験、1回4,750円ですから、教習所に通うよりはるかにリーズナブルではあります。
でも、安全運転のためには短期間でもいいから教習所に…と勧めましたが、聞きいれてもらえませんでした。

さて、結局学科試験は英語で、1発目100点で合格。
問題は技能試験です。日本で運転したことがないので、事前に私の母が同乗して、何度か田舎道を走りました。

1回目。
出発して、1つめの信号に至るまでの間で、おしまい。
「はい、ゾゾさん、終わりです」
「え? なぜですか?」
「車線変更を一気にしました」

ゾゾ「だってさ、他に車がないんだから、左側から入って、真ん中の線まで一気に行っちゃうよね」

でも、試験ですから!

ふつうは、試験に落ちてしまったとき、理由は教えてもらえません。
そういうルールになっているだそうです。でも聞けば教えてくれるのだそうです。これから試験を受けようと思っている方、万が一ダメ出しをされたら、勇気を出して理由を聞いた方が、絶対にいいです。同じ間違いをしなくてすみますから。

ちなみに2回目。
前回失敗した車線変更は、丁寧に周囲を確認しながら進んだので無事通過。
さて次です。

信号がない交差点で、曲がろうとして、「はい、ゾゾさん終わりです」
2回目もアウト。
どうしたかと思いますか? 指定場所不停止でした。

ゾゾ「ミャンマーには一時停止の線がないから、わからなかった」
私「ないっけ?」
ゾゾ「ないよ、だから止まらないで進んじゃったんだ」

3回目は、やっぱり指定場所不停止。

今回は、前方に見えている信号が赤だったので、停止線で止まらなくてもいいように、スピードを落としてノロノロ進んだのだそうです。
試験でですよ。ときどき、突拍子もないことをするので、目が飛びだしそうになります。

ゾゾ「だって前にも後ろにも車がないから、ムリして停止線まで行って止まる必要ないじゃん。ブレーキだって減っちゃうし」

って。そんなことを考えているので、不合格。

結局、4回目で実技試験に合格して、無事免許を取ることができました。

今は、毎日仕事で車を使っていて、事故も起こしていないのでルールは守って乗っていると思いますが、あまり一緒に乗りたくありません(^_^; 不必要にスピードを出すし、車線変更をよくするのでヒヤヒヤするからです。

たぶん、ミャンマーに行かれた経験があり、自家用車やバスに乗ったことがある人は、同じような思いをした人も多いと思います。
ニコニコおおらかなミャンマーの人たちが、ひとたびハンドルを握ると、ひょう変する傾向があります…。

18歳になり、来年には大学生になる娘にゾゾは言います。

ゾゾ「そろそろ運転を練習しないといけないな。パパが教えてあげるから、自分で試験場に受けに行けば受かるから」

イヤイヤ、絶対それはできません。きちんと教習所で勉強してもらいますから。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

P1370856#2

卒業式 記念日や学校行事は出席しないミャンマー夫

ミャンマー旅行の準備に追われるうちに、あっというまにお世話になった息子の中学校の卒業式を迎えました。 野球部の仲間と頑張って都大会に出場できたり、生徒会長として学校の規律を守る!と言って頑張ったりした …

ダディンジュ祭り

ダディンジュの祭り(火祭り)を祝うイベント

ミャンマーでは、10月の満月の日に行われる火祭り、ことダディンジュのお祭りが行われます。 天から仏陀を迎えるために、その足もとを照らすという意味で、寺院やパゴダにろうそくなどを灯して祝います。 私がミ …

982defdc79ecb63e2498c3ed2f581dae_s

国際結婚は珍しい? 日本人同士の婚姻数と比べてみた

自己紹介で夫がミャンマー出身だと話すと、「えー、どこで出会ったの?」と必ず聞かれます。聞きたくなる気持ちもわかります、しかもミャンマーですしねえ。よく「どこどこ? ヤンマー?」←結構多いパターン。「ビ …

会場で作るアツアツの揚げもの

ダディンジュ(火祭り)のイベントに行ってきました

先日ご紹介したダディンジュのお祭りのイベントに行ってきました。 中野の駅北口を出て、橋を渡った向こうにある広場にありました。 ハタハタ揺れる赤い旗が目に入り、すぐにわかりました。 中野駅北口 暫定広場 …

P1480716

結婚生活を救うのは 青春時代に聞いた懐かしい音楽

高校で軽音部に入っている息子は、音楽の幅を広げようと、いろんな年代の洋楽邦楽を借りてきて聞いています。この日は、1982年~1984年の洋楽ヒットを聞いていて、夫ゾゾにも私にも、懐かしくて懐かしくて。 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事