みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

中古時計を生き返らせるゾゾ時計修理店 開店

投稿日:2016年2月1日 更新日:


鼻歌も、演歌も歌わず、おとなしく部屋にこもっているゾゾでした。

なんだか怪しくて、部屋でコソコソ焼酎でも飲んで倒れているのか、あるいは外から何か拾ってきた物をいじっているのか、部屋をのぞいてみました。

すると、時計店が開店していました。

ミャンマーでは、時計はもとより、電化製品などが壊れると、当然修理に出します。
ゾゾが言うには、日本の言う“修理”は、部品の交換。基盤のようなものを交換するだけだ、と言い、ミャンマーは壊れた部分を探して、直すのだ、と胸を張ります。

P1350419#2

いまだに、よく状況を理解できていないのですが、学生時代、ヤンゴン大学が一時閉鎖されてしまったころ、ゾゾは近所の電気屋さんの学校(よく聞くと近所の電気屋さんのおじさん=師匠)のもとに通って、電気修理の腕を磨いたのだそう。
そして、ご近所の電化製品を直して、稼いでいたこともあると言うのです。

とはいえ、ゾゾの修理の様子を見ていると、ドライヤーを使ったりして、ホントに直しているのかよくわからないのですが、今回は知り合いから中古の時計が30個以上が宅急便で届き、それを修理していたのだそう。
知り合いは、中古の時計を直して、リサイクル品として売ってみたいというのでお手伝いしたというわけだそう。

ミャンマーでも、都心部ではお金のある人が増えているので、「中古の時計を買うのかね?」と言うのですが…
ゾゾ「日本製だったら欲しがる人はたくさんいるよ。お金がある人はほんの一部だよ」。

時計を直すゾゾはイキイキしております。イキイキしていますが、しゃべっていないので静かなので、テレビの音がよく聞こえます(^^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

982defdc79ecb63e2498c3ed2f581dae_s

国際結婚は珍しい? 日本人同士の婚姻数と比べてみた

自己紹介で夫がミャンマー出身だと話すと、「えー、どこで出会ったの?」と必ず聞かれます。聞きたくなる気持ちもわかります、しかもミャンマーですしねえ。よく「どこどこ? ヤンマー?」←結構多いパターン。「ビ …

P1050215

静岡の海と高原、釣りと食べ放題を満喫 オススメのバスツアー その1

出発日前日に駆けこみで予約した日帰りツアー、行ってきました! 静岡は西伊豆三津の海でクルージングと釣り、浜焼きを満喫して、思った以上に楽しめたツアーでした。ゾゾも大満足。ほかの参加者の方の感想も大好評 …

CIMG4508

スペシャルランチ・ミャンマー料理の日 in チャイハナ光が丘

東京の練馬区にあるコミュニティカフェ・チャイハナ光が丘でスペシャルランチ・デイ「ミャンマー料理の日」を開きました。 チャイハナさんや、プロデュースをしてくれたメディカルハーブコーディネーターの佐藤暁さ …

会場で作るアツアツの揚げもの

ダディンジュ(火祭り)のイベントに行ってきました

先日ご紹介したダディンジュのお祭りのイベントに行ってきました。 中野の駅北口を出て、橋を渡った向こうにある広場にありました。 ハタハタ揺れる赤い旗が目に入り、すぐにわかりました。 中野駅北口 暫定広場 …

P1480716

結婚生活を救うのは 青春時代に聞いた懐かしい音楽

高校で軽音部に入っている息子は、音楽の幅を広げようと、いろんな年代の洋楽邦楽を借りてきて聞いています。この日は、1982年~1984年の洋楽ヒットを聞いていて、夫ゾゾにも私にも、懐かしくて懐かしくて。 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事