みゃんろぐ〜 ミャンマー人と結婚した日本人妻のブログ

うっかりミャンマー人と結婚してしまった日本人妻のブログ。異文化交流な毎日や、ミャンマー旅行や食べ物について書いています。日本とミャンマーを結ぶ友好の架け橋になるためのNPO活動や、日本を訪れる旅行者のボランティアガイドもしています。東京のオススメガイドルートもご紹介!

夫婦生活のヒ★ミ★ツ

ミャンマー夫 ゾゾ、沖に流されても「ダイジョウブ」?

投稿日:2015年8月2日 更新日:


最初にゾゾと海に行ったのは、私の母が、ゾゾに言い寄ったあのとき、まさにその日でした。
キャンプに行ったことがない、というので、アウトドアに少し慣れていた両親に連れて行ってもらったのです。館山だったと思います。

今でこそミャンマーの西の海岸線に「ガパリ」や「チャウンター」「グエサン」といった人気ビーチリゾートがいくつかありますが、20年前というとそうしたビーチが一般の人にも知られ始め、長いお休みに家族で出かけるようになってきました。

しかも、ヤンゴンからビーチまで行くには、デコボコの道を十何時間、何十時間もかけて、まさに命懸けで遊びに行ったものです。
川を越えるフェリーなんかも、炎天下で3、4時間待つのは当たり前で、パンクもたびたび発生。
そのたびに女性、子どもたちは車の中に閉じこめられ、近くの村まで人を探しに行ったりしたのです。電話など、ほとんどない地域でしたから。

西伊豆の田子瀬浜

西伊豆の田子瀬浜

ともあれ、館山のキャンプ場では、テントを組んだり、自炊をしたり、それからビーチのひとときも楽しく過ごしていました。

ゾゾと私は、持参したビニールボートをふくらませて、ちょっと波にのってふわふわしてみよう、と海に出ました。

ゾゾは「ダイジョウブ、ダイジョウブ」とプラスチックのちゃちなオールで漕いで、ビーチから離れていきました。

私「あまり遠くに行くとコワいからやめようよ」
ゾゾ「ダイジョウブ、ダイジョウブ」

そのとき、ちょうど波が引いていく時間だったのでしょうか、軽いボートは気づかぬうちにかなり沖に流され、戻れなくなっていました。

私は、コワくなり、ビーチで甲羅干しをしていた両親に、「助けて~」と手を振りました。しかし、両親は気づいて、手を振り返しました。私たちが遊んでいると、まだ思っていたのです。

しかしそのうちなにかおかしいと思ったのでしょう。
両親は手を振るのをやめて、しばらくこちらを見ていました。

私たちは、たまたま近くでウィンドサーフィンをしていた男の子に、ワラをもすがる思いで助けを請いました。

私「すみません、流されてしまって戻れなくなってしまったんですが、助けを呼んでいただけますか?」
男の子「ボクもウィンド初心者で流されてて戻れないんです」
がーん。

不安に押し潰されそうになりつつ待つこと数分。このまま流されてしまうのかと怖くて頭はまっ白。

そのとき、ビーチからマリンジェットが近づいてきました。救世主です。

マリンジェットお兄さん「ビーチにいるご両親から様子が変だと言われて来ました、大丈夫ですか?」

ゾゾ「ダイジョウブじゃないです!」

そうして私たちはロープを握らせてもらい、ビーチに連れて行っていただき助かることができました。もちろん両親からは、後先考えて行動しろ! と叱られ、マリンジェットのお兄さんにはビール1ケースをお礼しました。

↑堂ヶ島近くの乗浜海岸

↑堂ヶ島近くの乗浜海岸

ゾゾの「ダイジョウブ」という言葉にのせられたわけではありませんが、彼は基本的に「万が一」ということを考えないタイプです。ミャンマー人全員がそういうわけではないと思いますが、「一家の大黒柱に何かあったら家族が路頭に迷う」という考え方は、強くはありません。

「何かあったら親族がお世話をするのが当たり前」という考えがあるからでしょう。そのためほんの少し前まで、生命保険というものがミャンマーにはありませんでした。(最近は、日本の会社が進出したという聞きます)。

「ボクは死ぬわけない」と考え、ゾゾは生命保険など絶対に要らないと言い張ります。(でも、私はこっそりかけています、何かあったら大変ですから。)

彼から見ると、日本人は保険をかけ過ぎる、と言います。保険貧乏という言葉もあるくらいですから、そういう面はあるのかもしれません。でも何かあったときの安心になるのは確かなので、それは価値観の違いですね。

「万が一」ということを考えないので、戸締まりもユルいです。
「泥棒なんて入るわけない」と考えて、カギの扱いが乱雑ですし、「人が覗くわけない」として、通路側の窓を全開にしていたりします。油断して着替えをしていると、窓が開いていた、ということもしばしばです。対策を急がないといけません(^_^;

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アジア人)へ

-夫婦生活のヒ★ミ★ツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

P1350419#2

中古時計を生き返らせるゾゾ時計修理店 開店

鼻歌も、演歌も歌わず、おとなしく部屋にこもっているゾゾでした。 なんだか怪しくて、部屋でコソコソ焼酎でも飲んで倒れているのか、あるいは外から何か拾ってきた物をいじっているのか、部屋をのぞいてみました。 …

ダディンジュ祭り

ダディンジュの祭り(火祭り)を祝うイベント

ミャンマーでは、10月の満月の日に行われる火祭り、ことダディンジュのお祭りが行われます。 天から仏陀を迎えるために、その足もとを照らすという意味で、寺院やパゴダにろうそくなどを灯して祝います。 私がミ …

a0150_000006

無記名のSuica、なくしたら戻ってくる?

Suica とかPasmo なくしたことありますか? 私は初めてスイカをなくしました。 出先から雨に降られて、服や髪が濡れてボーっとしてたこともあって、ピッと改札を通ってから、ポケットに入れたはずなの …

%e3%81%bf%e3%82%83%e3%82%93%e3%82%8d%e3%81%90p14700032

自転車通勤の寒さをしのぐ秘密兵器とは?

ミャンマー人夫が、みんなうちの夫と同じ考え方ではない、ということをお伝えしておきますが、一般的には無駄使いはあまりしない傾向といっても間違えではないと思います。 うちの夫は、その程度が極端です、極端過 …

P1320045#2

どうなっていくのかな。ニュースに釘付け

新聞もテレビもミャンマーの選挙の話題を大きく取り上げています。 アイキャッチの写真は、NHKニュースの映像をパシャリと撮らせていただいたものです。 アウン・サン・スー・チーさんが率いる野党NLD(国民 …

このブログの管理人



このブログの管理人:

今日子です ご訪問ありがとうございます

yaguchisan-nigaoe150似顔絵はやぐちゆみこさん作♡

このブログは、ミャンマー出身の夫ゾゾと、大学1年生の娘ダズィン、高1の息子トゥエとの日々をつづっています。日本人同士なら暗黙の了解でわかるようなことが、了解にならず、それってありえない!ということが日常茶飯事。そんな、外から見たら笑っちゃえるかもしれない話を書いています。 1996年ごろ住んでいたミャンマーでの出来事や、近年遊びにいった各地の様子もご紹介。これから旅する方の、ちょっとだけでもお役にたてれば幸いです。
コメントもお気軽に書いていただけると嬉しいです。
詳しいプロフィールはこちら→はじめまして

お問い合わせ、メッセージはこちらからメールフォーム

↓ブログ更新のお知らせが届きます(^^)

サイト内を検索


サイト内を検索

サイト内を検索

facebook

更新をお知らせします。 ↓ 「いいね」をお願いします(^^)

facebook

よく読まれている記事



よく読まれている記事

よく読まれている記事

カテゴリー



カテゴリー

最近の記事



最近の記事